ソニー生命保険

ナビゲーションをスキップする

コーポレートガバナンス

経営管理態勢

基本使命および経営の基本理念のもと、お客さま、社会、株主、従業員などのステークホルダーからの期待と信頼に応え、生命保険会社としての持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を果たすため、金融持株会社のソニーフィナンシャルホールディングス(株)が定めた「コーポレートガバナンス基本方針」に則り、高い透明性をもって業務の健全かつ適切な運営の確保に努めています。

ERM(Enterprise Risk Management)

基本使命を果たし企業価値の向上を目指すにあたり、「ERM指針」を定め、リスク・リターン・資本の相互関係を踏まえた経営を行っています。

リスク管理態勢

当社では、「リスク管理態勢の強化」に継続的に取り組んでいます。

個人情報保護および情報セキュリティへの取組

個人の重要な情報を必要とするため、当社はお客さまの情報管理ならびにセキュリティへの対策を重要な経営課題のひとつと位置づけ、積極的に取り組んでいます。

コンプライアンス態勢

お客さまからの信頼の確保およびお客さま保護の観点からコンプライアンスを経営の最重要課題のひとつとして位置づけ、態勢の推進に取り組んでいます。

当社の勧誘方針(MCCガイドライン)

営業活動におけるコンプライアンスの徹底を図るため、営業活動方針として「MCCガイドライン」を定めています。

反社会的勢力排除に関する基本方針

「反社会的勢力排除に関する基本方針」に基づき、反社会的勢力からの接触・介入に対して断固とした姿勢で対応し、関係を遮断していきます。

環境保全活動への取組

ソニーグループの一員として 本社を対象に環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得しています。

利益相反管理方針の概要

「利益相反管理方針」に基づき、社員一同がこれを遵守することによって、お客さまの利益を不当に害することがないよう、万全をつくしてまいります。

ソニーフィナンシャルグループ
インサイダー取引防止基本方針

ソニーフィナンシャルグループの一員として、「ソニーフィナンシャルグループ インサイダー取引防止基本方針」を遵守しています。

日本版スチュワードシップ・コードに対する基本的な考え方および当社の議決権行使について

「責任ある機関投資家」の諸原則「日本版スチュワードシップ・コード」を受け入れることを表明します。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Reader, the logo are trademarks of Adobe Systems Incorporated.



このページの先頭へ