ソニー生命保険

ナビゲーションをスキップする

コンプライアンス態勢

当社では、コンプライアンスを「法令・規則等を遵守し、誠実かつ倫理的に事業活動を行うこと」ととらえています。
企業が社会的責任を果たしていくうえで、コンプライアンスは最も重要なもののひとつであり、お客さまとの 長期にわたる信頼関係が必要となる生命保険事業の特性上、生命保険会社には、より一層のコンプライアンス態勢の充実が求められています。
当社では、お客さまからの信頼の確保およびお客さま保護の観点からコンプライアンスを経営の重要課題のひとつとして位置づけ、態勢の強化に取り組んでいます。

コンプライアンスの組織

経営会議の下部組織として、社長を委員長とする「コンプライアンス委員会」を設置するとともに、全社的なコンプライアンスを統括する部門として「コンプライアンス統括部」を設置し、個別課題への取組や業務運営に必要な施策等を立案し実践しています。また、各部署における法令等遵守に係る点検や態勢整備を行う「コンプライアンス責任者」と、これらの態勢整備に関する助言や整備状況の確認等を行う「コンプライアンス・オフィサー」を配置し、実効性のあるコンプライアンス態勢を構築しています。
さらに、営業活動におけるコンプライアンス態勢の強化を目的として、「MCC(マーケットコンダクト・コンプライアンス)委員会」を設置しています。また、募集管理を中心とする内部管理態勢の充実に向けた企画部門として「業務管理部」を設置して、募集管理・内部管理態勢の整備・充実に関する諸施策の立案等を行い、関連部門と共に実践・推進しています。

コンプライアンスの組織

コンプライアンスに関する基本方針および行動規範

生命保険会社の社会的責任と公共的使命を果たすために、「コンプライアンス宣言(法令等遵守の基本方針)」 および「ソニー生命行動規範」を定めています。

  • コンプライアンス宣言(法令等遵守の基本方針)
    適正な法令等遵守態勢を確保するための取組方針です。法令等はもちろんのこと、社会常識や経営理念、行動規範に則った行動をとり、質で世界一の経営を目指すことを宣言しています。
  • ソニー生命行動規範
    生命保険会社として、公正な事業活動を行うために全役員・社員が遵守すべき基本的な原則で、次の内容を含みます(概要)。
基本原則 法令・社内方針・規程等の遵守および誠実で倫理的な事業活動、適切なリスク管理、お客さま第一主義、社内通報、反社会的勢力との関係遮断など
人権の尊重 雇用における機会均等、職場環境など
誠実で公正な事業活動 安心できる商品・サービス、環境保全、企業情報開示、個人情報など
倫理的行動 インサイダー取引、個人的利益相反など

コンプライアンスを実現するための具体的な行動計画として、事業年度ごとに「コンプライアンス・プログラム」を策定しています。また、コンプライアンスを実現するための手引書として「コンプライアンス・マニュアル」を策定し、全役員・社員に配付しています。さらに、保険募集に従事する社員向けに、営業活動に特化したコンプライアンスマニュアルも策定し、全営業社員に配付しています。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Reader, the logo are trademarks of Adobe Systems Incorporated.

このページの先頭へ