ソニー生命保険

ナビゲーションをスキップする

日本版スチュワードシップ・コードに対する基本的な考え方および当社の議決権行使について

日本版スチュワードシップ・コードに対する基本的な考え方

「日本版スチュワードシップ・コード」の受入について

当社は、「責任ある機関投資家」の諸原則「日本版スチュワードシップ・コード」を受け入れることを表明します。

「日本版スチュワードシップ・コード」について、詳細はこちら

「日本版スチュワードシップ・コード」の各原則への対応

原則1 方針の策定および公表について

当社は、お客さまからお預かりした資金を運用する立場として、投資先企業の企業価値の中長期的な維持・向上を促すためにスチュワードシップ活動を行い、中長期的な運用成果の向上を目指します。

原則2 利益相反について

議決権行使を始めとした当社のスチュワードシップ活動に際しては、保険営業活動等との利益相反が生じる可能性があります。当社は、スチュワードシップ活動を行うにあたって、お客さまの利益を第一として行動し、お客さまの利益が不当に損なわれることのないよう、予め想定される利益相反について、適切な管理を行います。

原則5 議決権行使および結果公表について

当社が独自に制定する「議決権行使ガイドライン」に基づき、投資先企業の株主総会において付議されるすべての議案を精査します。議案への賛否につきましては、短期的な業績変動への影響ではなく、持続的な企業価値の向上に資する内容であるか否かという視点で検討いたします。原則として、すべての議案に対し議決権を行使します。

ソニー生命による議決権行使について

当社では、次の考え方に基づき、国内上場株式の議決権行使に取り組んでおります。

1.議決権行使の考え方

  • 議決権行使は、投資先企業の企業価値の増大を通じて、ステークホルダーの中長期的な利益に資することを主眼として実行いたします。

2.議決権行使の基本プロセス

  • 投資先企業の株主総会において付議されるすべての議案は、当社が独自に制定した「議決権行使ガイドライン」に基づき内容を精査します。
  • 投資先企業の株主総会において付議される議案は、投資先企業のモニタリング状況および投資先企業との対話状況等の結果を踏まえて、当該議案が投資先企業の持続的な成長に資する内容か否かを検討します。
  • 中長期的な視点により、投資先企業の持続的な成長に資すると判断する議案に対しては「賛成」、投資先企業の持続的な成長には寄与しないと判断する議案に対しては「否認」として、各議案への賛否を決定します。
  • 原則として、すべての議案に対して議決権行使をします。
  • 国内上場株式の資産運用において、外部の運用機関を利用する場合は、原則として議決権の行使結果を定期的に当社へフィードバック、またはホームページ上で公表していることを、選定の条件といたします。

ソニー生命のスチュワードシップ活動の状況

議決権行使結果

2016年7月から2017年6月に開催された投資先企業の株主総会につき、当社「議決権行使ガイドライン」に基づき、下記内容にて会社提出議案・株主提出議案の議決権を行使いたしました。

賛成 反対 議案総数
377 48 425

議決権行使の反対事例

下記事例等のうち、企業価値の増加につながると判断される合理的な説明がない議案に対して、反対といたしました。

  • 取締役会に対する監査役の牽制が適切に機能しないおそれがある報酬制度(監査役対象のストックオプション付与)の導入
  • 監査体制の強化についての説明が十分ではないと考えられる企業における取締役(監査等委員)の選任・再任
  • 社外取締役としての適性に疑義がある候補者の選任・再任
  • 業績が著しく悪化している企業における固定的な取締役賞与の支給

委託先企業のスチュワードシップ活動の確認状況 

委託先企業につきましては、スチュワードシップ活動方針と議決権行使結果を確認いたしました。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Reader, the logo are trademarks of Adobe Systems Incorporated.

このページの先頭へ