ソニー生命保険

ナビゲーションをスキップする

ライフプランナーとのご相談事例(決算2ヶ月前)

決算を2ヶ月前に控え、資金繰りと生命保険料の払込に苦慮するお客さまとライフプランナーの面談の様子をご紹介します。

加入している生命保険の価値を有効活用するために

相談者 : スーパーマーケット 経営者さま

(相談の経緯)
保障の見直しをしたい。つきあいのある代理店に話を聞く前に「参考意見として第三者の意見も聞きたい」と思っていた。そんな中、知り合いの経営者からライフプランナーを紹介され、一度話を聞いてみることに。

社長 ソニー生命さん。正直言って、生命保険にはたくさん入ってるんです。だから今回新たに入ることは難しいんです。すみません。でも最近、資金繰りの問題などもあり、どうしたらいいか考えているんです。

ライフプランナー 率直なお話とご配慮をいただき、ありがとうございます。でも、社長は銀行とのおつきあいも良好だと、ご紹介者の方から伺っているのですが・・・

社長 確かに銀行とは4行つきあいがあり、どことも関係性はよいです。当面の資金繰りに問題があるわけではありません。だからといって利幅の薄いビジネスなので、潤沢な経費を使えるわけではないのです。でも、地域に根付いているからこその、しがらみもあって・・・

ライフプランナー なるほど、よく分かります。銀行との関係が良いだけでは難しい面もあるのですね。では、資金繰りや借入一覧は準備されているのですね。

社長 はい。そこは管理しています。

ライフプランナー 現在加入されている生命保険の一覧表もきちんと準備なさっているのです?

社長 あります。もちろんです。

ライフプランナー では、現時点での生命保険契約の価値は分かりますか?

社長 え、価値?

ライフプランナー そうです。キャッシュにしたらいくらになるかの時価評価です。保険証券も大切ですが、加入時にもらう設計書が大切なのです。

社長 そうなの?

ライフプランナー 実は、預金通帳や決算書にも明確に表示されていない生命保険契約のキャッシュは、どこにいくらあるかを認識することにより、資産全体の資金ギャップと余力を認識することができます。
これを一目で分かりやすく知ることができれば、資金繰り改善のヒントになると思いませんか?

社長 なるほど。その視点はなかったね・・・

ライフプランナー 一覧表作成のポイントは次のとおりです。

  1. 受取人はだれか?
  2. キャッシュにしたらいくらになるか?
  3. 契約者貸付の枠はいくらなのか?
  4. 経理処理の累計はいくらなのか?
  5. 社長が加入されている保険について、法人契約・個人契約の合計ですべてが表現されているか?

これらポイントをおさえて、一覧表の作り方をアドバイスさせていただきます。

他の相談事例をみる

ライフプランナーにご相談ください

生命保険はピンチの時にどのような取扱をするかで、その本来の価値を生かせるかどうかが決まります。
私たちライフプランナーは、生命保険のプロとして、お客さまとともに答えが見つかるようサポートいたします。

お電話ください

0120-158-821

9:00~17:30
※ゴールデンウィーク、年末年始を除く

SL15-SP3-052



このページの先頭へ