ソニー生命保険

ナビゲーションをスキップする

役員退職金

経営者の勇退後の生存退職金として、また、万一の際にのこされたご家族の生活を支えるための死亡退職金として、役員退職慰労金および弔慰金の準備が必要です。

Q なぜ役員退職金の対策が必要なのか?

役員退職金には2つの考え方があります。ひとつは、経営者が勇退する際に、その功労に報い、ご自身とご家族が豊かな暮らしをするための「退職慰労金(老後生活費)」。もうひとつは、経営者に万一があった際、ご遺族の生活保障と相続対策のための「死亡退職金・弔慰金」です。

いずれの場合も十分な退職金を支払うとなると、その金額は高額です。もし準備が不十分な場合、退職金を支払うことで会社の財務を圧迫し、経営に影響を与えてしまいます。また、退職金の支払財源に運転資金や借入金で充当することになると、資金繰りに悪影響を及ぼします。

こうしたリスクを防ぐために、退職金対策資金を計画的に準備することが重要なのです。また、退職金を適正な額で支払うことで損金算入が可能となり、税制上のメリットを享受できます。

Q なにを、どれくらい準備すればよいのか?

死亡退職金・弔慰金

一般的な算出方法をご紹介します。

死亡退職金の適正額

図:死亡退職金の適正額の算出方法

  • ※役位別功績倍率の例
    会長:2.0 社長: 2.4 専務: 1.8 常務: 1.5 その他役員(取締役など) : 1.4
  • ※功労加算金
    貢献の度合いに応じて、退職慰労金の30%を超えない範囲
弔慰金

● 業務上の死亡の場合 死亡時報酬月額 × 36ヶ月
● 業務外の死亡の場合 死亡時報酬月額 × 6ヶ月

例えば・・・

●役員通算在任年数 15年 ●報酬月額 120万円 の社長に万一の場合(業務上)

図:弔慰金の例

退職金規程の整備を

退職金規程を整備しておくことで、死亡退職金・弔慰金の支払に際し無用なトラブルを防ぎ、スムーズな支払が実現できます。

役員退職金(勇退退職金)対策資金

一般的な算出方法をご紹介します。

役員退職金の適正額

図:役員退職金の適正額の算出方法

  • ※役位別倍率の例
    会長:2.0 社長: 2.4 専務: 1.8 常務: 1.5 その他役員(取締役など) : 1.4
  • ※功労加算金
    貢献の度合いに応じて、退職慰労金の30%を超えない範囲

例えば・・・

●役員通算在任年数 30年 ●報酬月額 120万円 の社長が勇退される場合

図:役員退職金の例

ライフプランナーにご相談ください

会社の特性によって、必要な保障は異なります。

業種、規模をはじめ、後継者の育成方針や経営者ご自身の考えなど、考慮する点はさまざま。
ライフプランナーがリスクマネジメントの考え方から、それぞれの企業にあった対策について、お話を聴きながら整理します。

お電話ください

0120-158-821

営業時間 9:00~17:30
※ゴールデンウィーク、年末年始を除く

Q どのような商品があるのか?

ソニー生命の商品で代表的なものをご紹介します。実際はこれらの商品や特約を活用し、お客さまのニーズにあわせた保障プランをオーダーメイドで組み立てます。

保険期間や保険金額は十分か、経営環境や事業方針の変化にも柔軟に対応できるか、税務面も含めて合理的な選択かなど。ライフプランナーがコンサルティングを通じて保障を設計します。

長期平準定期保険
(障害保障型/無配当)
(210KB)
死亡・高度障害に加え、当社所定の特定障害状態に対する保障も得ることができます
特則を付加することにより、割安な保険料でご加入いただけます
低解約返戻金型平準定期保険
(障害介護型/無配当)
(1.3M)
死亡・高度障害状態に加え特定障害状態・要介護状態にも備えることができる定期保険です
契約日から4年間を低解約返戻金期間として解約返戻金額を低く設定しています
逓増定期保険
(低解約返戻金型/無配当)
(1.3M)
保険期間が前期期間と後期期間に分かれており、それぞれの期間についてご契約時に定めた逓増率により、基準保険金額が毎年複利で増加します(基準保険金額の5倍まで)
死亡退職金・弔慰金の財源確保に加え、退職慰労金の財源確保の機能も兼ね備えています
契約日から3年間を低解約返戻金期間として、解約返戻金額を低く設定しています
ニューエグゼクティブライフ
(無配当)(202KB)
多機能な大型保障で企業のニーズにお応えする、経営者・役員の方々に適した平準定期保険です
退職慰労金の財源確保などにもご利用いただけます
ニューエグゼクティブライフ
(喫煙リスク区分型/無配当)
(202KB)
喫煙に対するリスクを考慮し、それを保険料に反映したニューエグゼクティブライフです

ご注意

ご契約の際には「ご契約のしおり・約款」、「重要事項説明書(契約概要)」、「重要事項説明書(注意喚起情報)」を必ずご覧ください。 ご契約のしおり・約款はご契約に伴う大切なことがらを記載したもので、クーリング・オフ(お申し込みの撤回)、告知義務違反、免責、解約に関するご注意、契約内容の変更など、ご契約者に必要な保険の知識について説明しています。
必ずご一読のうえ大切に保管してください。
また、重要事項説明書(契約概要)は保険商品の内容などをご理解いただくために必要な情報を記載したものであり、重要事項説明書(注意喚起情報)は契約内容などにおいてご注意いただきたい情報を記載したものです。お申し込みの前に必ずご一読いただき、内容をご確認のうえ大切に保管してください。

ご契約のしおり・約款

ライフプランナーにご相談ください

会社の特性によって、必要な保障は異なります。

自社にとって必要な保障を、必要な時期に確保するために。どの保険商品を組み合わせ、どう活用すればよいか?
保険のプロ、ライフプランナーが企業にあった対策を導きます。

お電話ください

0120-158-821

9:00~17:30
※ゴールデンウィーク、年末年始を除く

法人のリスクマネジメント

SL15-SP3-052

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Reader, the logo are trademarks of Adobe Systems Incorporated.

このページの先頭へ