ソニー生命に
相談するとできること

ダブルケアは肉体的・精神的な負担に加え、経済的な負担も大きくなります。特に経済的な負担はダブルケアに直面した後での対処が難しいこともあります。

まずは「自分がダブルケアに直面する」ことを前提として、両親や兄弟などの親族と、ダブルケアが起こった時の負担や分担について話し合っておくことが対策の第一歩です。

ソニー生命は、ライフプランニングを通じて、この先の人生においてダブルケアが起こりうる可能性や、直面する前の対策、備えの大切さを考えていただく活動に取り組んでいます。

まずは一度、ライフプランナーにご相談ください。

ライフプランナーに相談すると
次のようなことが明確になります。

何年後にどういう出来事が起こりうるかをシミュレーション
これから先、ご家族にどんな出来事が待っているのか、将来を予測しながらライフプラン表を作成します。そしてここからいつ、どれくらいの資金が必要になるのか収支のシミュレーションをします。
過去の統計をもとに、おおよそこの年齢でこのようなリスクが高まるというアドバイスや、介護や子育てに関する費用ばかりではなく、ご本人や配偶者の病気に関することもお伝えいたします。更にこれらに住宅などの各種ローンも含めてシミュレーションをすることで、どれぐらいの備えが必要なのかをご案内いたします。
家族構成などを整理して、もしものときの介護負担分担を決める
誰がいつ要介護になるリスクがあるのか、介護の負担を分担できる兄弟や親戚はいるかなどを整理して、将来のリスクに備えましょう。敬遠されがちな話題ですが、事前に家族で話し合っておくことで、いざというときの負担を大きく減らすことができることもあります。ライフプランナーにご相談いただけると、家庭内で話し合うための情報整理や課題の洗い出し、過去の事例のご紹介などができます。
貯蓄や保険の準備、アドバイス
ライフプランナーはお客さまにとって、本当に必要な保険の設計を行う保険・金融のプロフェッショナルです。詳細なヒアリングを元に、考えうるリスクにどの様に備えるかや、ライフプランを守るための保障の提案など、将来の人生設計についてプロの観点からアドバイスいたします。
介護に関する割引制度や、地域の支援団体の情報提供
ライフプランナーは日本全国の地域にある支社に所属しており、その地域独自の制度などにも精通しています。その知見から、地域の特性に合ったプランのご提案や、支援団体の窓口のご紹介、また遠距離介護などにおいても交通費の介護割引制度などの情報提供などができるケースもあります。
個々に特化した問題に対応できる専門家を紹介
介護や子育てに関する専門家をご紹介できる場合もあります。また、ライフプランニングを通して問題が見えてくることもありますので、まずはライフプランナーにご相談ください。

転ばぬ先の杖として
まずはライフプランナーに
ご相談ください。

ライフプランナーに相談する