ソニー生命保険

ナビゲーションをスキップする

ライフプランナーとのご相談事例

みんなと一緒でいいです。でも、できるだけ保険料は抑えたい

ご相談のきっかけ:保険の更新をきっかけに

※本事例は実際の面談内容の一部をホームページコンテンツ用に抜粋・再編集したものです。
画像はイメージです。

(お客さまオフィスにて)

ライフプランナー田中さんでしょうか。初めまして、ソニー生命の保坂です。

お客さまわざわざ私のオフィスまで来ていただいてすみません。

ライフプランナーいえいえ、一番ご都合の良い場所の方が良いと思いますので、どこでもお伺いさせていただきます。

お客さまはい、ありがとうございます。

ライフプランナーでは、よろしくお願い致します。

みんなと一緒でいいです。でも、できるだけ保険料は抑えたい

お客さま今回なんですけど、次の保険の更新で保険料がアップするらしいんです。子どもも生まれて教育費もかさむので、保険料が上がるのは厳しいなと思いまして。ただ、まだ更新までは時間があるので、今すぐ見直したいというわけではないのですが。

ライフプランナーはい、相談したからといってご契約いただく必要はありませんので、ご安心ください。
田中さんが納得のいく保障にすることが大切ですから。もしかしたら今のままのプランの方が良いということもありますし。

お客さまはい、ありがとうございます。そもそも保障内容の見直しってどのようにするといいんでしょうか。

ライフプランナー見直しということですので、今入っている保障の内容をお伺いしていいですか?

お客さま死亡した時に保険金がもらえるものと医療保険だったと思います。

ライフプランナーなるほど。先程、保険料が上がるのは厳しいっておっしゃってましたね。

お客さま都合がいいんですけど、できれば月々の支払いはもっと安くしたいと思っています。内容は、私の年とか家族構成とかで平均的なものでいいかな、と。

ライフプランナーわかりました。今の支払いより「このくらいは、保険料をおさえたい」というご希望の金額はありますか?

お客さま具体的には、ないんですけど、正直低ければ低いほどありがたいんですが。

ライフプランナーそれは、そうですね。同じ保障であれば保険料が割安なほうがよいですね。ただ、「保険料」を考えるのに大切なのはどのくらいの「保障」がその人にとってあっているか、ということなんです。

お客さま安くならないということですか?

ライフプランナーいいえ、保障プランによっては、保険料を抑えられるかもしれませんが、保険料と同じくらい、その保障が、その人にとって「自分にあった」ものになっているかが重要なんです。

お客さまでも、月々の負担が大きすぎたら、自分にあっているとは言えないですよ。

ライフプランナーはい。その「自分にあった」保障がわかりづらいので、まずは「保険料」から考える方が多いのですが、なんで、わかりづらいか、説明しますね。

お客さまはい

ライフプランナー例えば500mlのミネラルウォーターが、仮に800円だとしたらどうですか?

お客さま高級レストランみたいですね。

ライフプランナーでは80円ならいかがでしょうか。いくらくらいがちょうどいいと思われますか。

お客さま80円だと安いです。うちの近所でよく売られている価格が100円~150円くらいですからね。

ライフプランナーわかりました。「水」などはある程度の目安とその品質の想像ができるから、これは「高いな」「安いな」と分かるんです。

でも、保険は常日頃から気にかけている方は少ないですし、保険料の目安がわかりにくいので、なかなかイメージがつかないんですね。

お客さま確かにそうですね。目安ってあるんですか?

ライフプランナーはい、あります。でも、目安は1人1人異なります。

お客さまどういうことですか?

今亡くなったとしたら、月にいくら必要になりますか?

ライフプランナー仮の話になりますが、田中さんが今日亡くなったとしたら、奥さまとお子さまが暮らしていくのに月いくら必要になると思われますか?

お客さま今の収入は私の収入だけですので、給料分とボーナス分だけですかね。

ライフプランナーでは、今入ってきたお給料の使い道は把握されていますか。

お客さまいいえ、しっかり把握はしていないですね。ざっくりって感じです。

ライフプランナー今の給料分あれば申し分ないですが、例えば田中さんご自身の生活費は必要なくなりますので、そこまでは不要と言えるかもしれません。ただ、お子さまの教育費などはこれからもっとかかるかもしれません。

お客さま確かにそうですね。

ライフプランナーもちろん、今よりも余裕のある生活を残したいと考えることもできます。

お客さまいや、必要最低限で良いです。

ライフプランナー分かりました。では、実際はいくら必要なのかを考えてみましょう。仮にいまの収入と支出のバランスが取れているとします。仮に田中さんが亡くなったとすると収入がなくなりますね。

お客さまそうです。だから、僕のお給料と同じ額分の保険が必要ということですよね?

ライフプランナー田中さんの会社は厚生年金などの制度がありますか?

お客さまたぶんあると思います。

ライフプランナーそうであれば、死亡時には遺族基礎年金(※1)や遺族厚生年金(※2)等の年金制度がありますね。

お客さまえ?そうなんですか?

ライフプランナーはい、詳しくは会社の制度等を確認する必要がありますが。

  • ご主人に万一のことがあった場合について、記載しています。
  • ※ 勤務先により、異なります。自営業の方には支給されません。
  • 平成28年2月現在の社会保障制度の概要を説明しています。詳細は年金事務所にご確認ください。

ライフプランナーそうすると必要なお金が見えてきましたね。

お客さまはい、この不足分という部分ですよね。

ライフプランナーそうです。ただ、まだ支出の中に田中さんご自身の支出が入っていますので、その分は不要となりますね。

お客さまたしかに、これはしっかり計算しないと分からないですね。

ライフプランナーはい。一度支出の内訳を洗い出ししておくことをおすすめします。

お客さまそうですね、ちょっとやっておきます。

ライフプランナー必要なお金と同時に必要な保険も見えてきたのですが、いかがでしょうか。

お客さまこの不足分のところを埋めるということですよね?

ライフプランナーそうです。この不足分を補うサイズの保険が必要いうことになります。だから人によってサイズは変わりますし、世の中の「平均」がご自身にあっているとは限らないんです。

お客さまよく分かりました。安易に考えてはいけませんね。

ライフプランナーまた、この「不足分」はお子さまの成長などとともに、変動することもあります。

お客さまなるほど。でも、もし不足分を補うために、保険料の支払いが厳しくなって、そこまで支払えなくなったら、どうするんですか?

ライフプランナーそれは、これから一緒に考えていきましょう。例えば掛捨の保険商品で保険料を割安にするなど、いろいろな方法がありますので。

  • ※1 遺族基礎年金は、国民年金加入中の方が亡くなられたときで、その方によって生計維持されていた「18歳到達年度末までの子(障害の状態にある場合は20歳未満)のある妻」または「子」が受けることができます。
  • ※2 遺族厚生年金は、厚生年金保険の被保険者中または被保険者であった方が亡くなられたときで、その方によって生計維持されていた遺族が受けることができます。
  • 平成28年2月現在の社会保障制度の概要を説明しています。詳細は年金事務所にご確認ください。

最後に

お客さま今日はいろいろお話を聞かせていただき、ありがとうございました。今度はぜひ妻と一緒に話を聞きたいなと思います。

ライフプランナーはい、お役に立てたのであればよかったです。ぜひ奥さまのお考えもお聞きできればと思います。またいつでもご連絡ください。それでは、おじゃましました。

お客さま今日は本当に有り難うございました。

保険のご相談(無料)

  • お客さまのご希望の時間・場所でご相談だけでも承ります
  • お会いする前に電話/メールでご連絡いたします
お電話でもお気軽に

0120-158-679

平日9:00~21:00/土日祝9:00~17:30
※ゴールデンウィーク、年末年始を除く


ソニー生命の
ライフプランナーへのご相談
  • 保険のご相談(無料)
  • ご相談の流れ
よくあるご質問

全て見る

お電話でもお気軽に フリーダイヤル 0120-158-679 平日9:00~21:00 土・日・祝9:00~17:30 ※ゴールデンウィーク、年末年始を除く

SL16-7216-0005

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Reader, the logo are trademarks of Adobe Systems Incorporated.



このページの先頭へ