ソニー生命保険

ナビゲーションをスキップする

保険を考えるタイミング

生命保険の加入や保障内容の見直しを行うのは、どのタイミングが自分に合っていると考えればいいでしょうか?
結婚した、子どもができたなどライフイベントがあったときはもちろん、将来の夢や希望にあわせて考えていく必要があります。もしかするとこのページを読んでみようと感じている今が、一番よいタイミングかもしれません。

将来の夢や希望に変化があったとき

保険は将来に備えて入るものですが、保険に入る前に充分に夢や目標を考えていたとしても、現実とのズレは生じてきますね。

将来の夢や希望に変化があれば、いざというときにきちんと守ってくれるように、保障内容も「見直し」を行いたいものです。

まだ加入していないのであれば、今が加入を考えるタイミングなのかもしれません。

ライフイベントがあったとき

また、必要保障額が大きく変化するような人生のイベントがあった時には、保障の見直しを行うタイミングだといえます。たとえば次のようなケースが考えられます。

保障を見直すライフイベントの例

社会人になったとき

新社会人イメージ

無保険だった人も親の扶養でなくなる機会に、保障も自立。

自分で保険に入り、将来のリスクに備えましょう。

結婚したとき

結婚イメージ

結婚したらぜひ、保険の検討・保障内容の見直しを。

一般的に女性は妊娠すると疾病リスクが高まります。特に入院保障をしっかり見直しましょう。

また、それまでに入っていた保険がある場合、受取人を親から配偶者に変更するという必要があるかも知れません。

子どもが生まれたとき

赤ちゃんイメージ

厳密には、妊娠した時点で検討を始めるのがいいでしょう。

家族が増えれば、親として、世帯主として死亡保障を厚くする必要があります。

住宅ローンを借りてマイホームを購入したとき

マイホームイメージ

住宅ローンの多くには団体信用生命保険の加入が義務づけられているため、万一の時にはローン相殺され、家族に住まいは残せます。

生命保険はローン以外の生活保障として考えればいいでしょう。ただし、団体信用生命住宅保険に加入せずに住宅ローンを借りる場合は、ローンを相殺できるぶんの保障を上乗せする必要があります。

親を扶養することになったとき

老人介護イメージ

親が大きな資産を持っていれば別ですが、親が扶養に入ることになった場合、その費用を捻出するためにも保障を多めに設定しておく必要があります。

配偶者と親を受取人にしておくといいでしょう。

以上のようなケースのほか、「5年に1回見直す」「(更新タイプであれば)更新前に見直す」など自分の中でルールを決めて、定期的に保障額の調整を行うという考え方もあります。

また、ときには「保険料が家計の負担になってきた」というように、根本的に保険を組み替えたい場合もありますね。そう感じたときがまさに「見直しのタイミング」であると言えるでしょう。

ソニー生命からのメッセージ

ソニー生命のライフプランナーは保険の専門家です。加入前はもちろん、加入後の生命保険やライフプランのメンテナンス、給付金お支払い手続のサポート、また給付後のケアまで含めて、しっかりとサポートします。

お客さま一人ひとりの現在と未来のために、ライフプランナーはお客さまとご家族を見守り続けます。

保険のご相談(無料)

  • お客さまのご希望の時間・場所でご相談だけでも承ります
  • お会いする前に電話/メールでご連絡いたします
お電話でもお気軽に

0120-158-679

平日9:00~21:00/土日祝9:00~17:30
※ゴールデンウィーク、年末年始を除く

※担当者がお客さまより現金・小切手をお預かりすることは一切ございません。
ソニー生命の
ライフプランナーへのご相談
  • 保険のご相談(無料)
  • ご相談の流れ
よくあるご質問

全て見る



お電話でもお気軽に フリーダイヤル 0120-158-679 平日9:00~21:00 土・日・祝9:00~17:30 ※ゴールデンウィーク、年末年始を除く

SL16-7216-0022

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Reader, the logo are trademarks of Adobe Systems Incorporated.

このページの先頭へ