ソニー生命保険

ナビゲーションをスキップする

入院や手術に備えたい

  • 入院すると、どのくらいお金がかかるんでしょうか?
  • 保険料を安くしたいのですが
  • 入院1日目から入院給付金日額5千円~1万円の保障がいいのですが
  • 特約は全部つけた方がいいですか?

お客さまからよくいただくご質問・ご要望に対して、
保険の考え方をご紹介します。

充実した日々を過ごすには、健康でいることが大切です。でも、普段の生活に気をつけていても、病気を予防することはなかなか難しいものです。いざというときに、お金の心配をせずに安心して治療を受けられるよう、日ごろから備えておきたいですね。そのためには、どんな備えがあればよいでしょうか?

医療保険の基礎知識

入院すると、どのくらいお金がかかるんでしょうか?
世帯収入額にもよりますが、公的医療保険に「高額療養費」という制度がありますので、仮に100万円の医療費がかかったとしても、実質的な負担は、1ヶ月あたり87,430円。4ヶ月目からは約44,400円となります。これらの他に、公的医療保険が適用されない、差額ベッド代、食事代、諸雑費などが必要となります。

医療費について

公的医療保険には、「高額療養費制度」があり、1ヶ月の自己負担額に上限が設けられています。制度を良く理解したうえで考えていきましょう。

高額療養費制度について

公的医療保険には、「高額療養費」という制度があり、1ヶ月の自己負担額に上限が設けられています。
以下で計算する自己負担限度額を超えた場合に、その超えた額が支給されます。
<1か月あたりの医療費の自己負担限度額/70歳未満で標準報酬月額28万円~50万円(国民健康保険の場合は旧ただし書き所得210万超600万円以下)の場合>
 80,100円+(医療費-267,000円)x1%

  •  ※直近12ヶ月間に3ヶ月以上高額療養費の支給を受けている場合には、4ヶ月目から自己負担限度は44,400円になります。
  •  ※公的医療保険の適用される診療の医療費が高額療養費制度の対象になります。
  •  ※年齢や収入が上記の設例と異なる場合には、別途自己負担額限度が定められています。
  •  ※2015年6月1日時点の制度概要です。詳しくは健康保険組合などにご確認ください。

相談の様子(ご相談事例からの一部抜粋)

ライフプランナーそうなんですね。では実際の入院費用ってどれくらいかかるかご存知ですか?

お客さまうーん、よくわからないです。実際はどうなんでしょうか?

ライフプランナー参考情報になりますが、高額療養費制度(※1)という公的医療保険の制度がありますので、標準報酬月額が28万円~50万円(国民健康保険の場合は旧ただし書き所得210万超600万円以下)で70歳未満の方は、1ヶ月入院して仮に100万円かかっても、月に87,430円が上限となります。

お客さまえ、そうなんですか?思っていたよりはかからないんですね。

ライフプランナーはい、差額ベッド代や諸雑費は別ですが。

相談内容をすべて見る

保険料を安くしたいのですが
保険料を抑える一つの方法は、本当に必要な保障を細かく見極めて、自分にあった保険に入ることです。リスクに備えつつ、保険料も抑えられるプランを一緒に考えていきましょう。

相談の様子(ご相談事例からの一部抜粋)

お客さま実は今日お会いするまでは、保険って、ある程度パターンが決まっているものかと思っていたんですよ。

ライフプランナー少しイメージとは違いましたか?ソニー生命の保険は、お客さまの気になることに対して、必要なだけ保障するように細かく設計していきますので、良くも悪くも、一つひとつ保障内容を理解し、納得して決めていただかないと保険ができあがらないんです。

お客さまでもオーダーメイドって、そのぶん高くなることはないんですか?

ライフプランナー必要だと思うものに必要なだけ保障をつければ、逆に自分の希望に合った保険でかつ保険料を抑える結果につながります。

相談内容をすべて見る

どんなことでもお気軽にご相談ください。保険のご相談(無料)

保険はお客さまがきちんと納得したうえで、ご自身にあった保障をみつけることが大事です。保険を考えるきっかけとしてライフプランナーをご活用ください。

まだ保険に入るかわからないのですが、相談だけでも大丈夫ですか?
もちろん、大丈夫です。ご相談いただいたからといって、ご契約いただく必要はございません。
「どんな商品があるの?」等、保険を考え始めたばかりのお客さまも、お気軽にお問い合わせください。

保険の更新

保険はいつでも好きな時に保険に入れるとは限りません。保障期間が一定の掛捨タイプであれば、保険料は割安となりますが、その保障期間が終了し、更新する際には、同じような保険に再び入れるかどうかは分かりません。

相談の様子(ご相談事例からの一部抜粋)

ライフプランナー30歳から10年間保障される保険に入っておいて、その後のことは10年後に考える、というお客さまもいらっしゃるんですが、10年間の保障期間が終わった時、同じように保険に入ることができる保証はありません。

お客さま確かに持病があると入れないっていいますもんね。

ライフプランナーはい、入れなくなってしまったり、その分保険料が高くなったりします。ですから、どちらが良いというわけではなく、保険は将来を見据えて考えておかないといけないんですね。

相談内容をすべて見る

よくあるお客さまからのご質問

入院1日目から入院給付金日額5千円~1万円の保障がいいのですが
ご要望のプランのお見積りを作成しますね。保険は経済的に困る場面に備えるものでから、入院1日目からの費用に備えるか、長期入院になってしまった場合に備えるのかなど、どの程度の備えが必要なのかも、一緒に考えていきましょう。

相談の様子(ご相談事例からの一部抜粋)

ライフプランナー入江さんは入院1日目からをご希望とのことですが…

お客さまあ、これはよく「1日目から!」というのを耳にするので、その方が安心だなと思いまして。

ライフプランナーそうなんですね。では実際の入院費用ってどれくらいかかるかご存知ですか?

お客さまうーん、よくわからないです。実際はどうなんでしょうか?

相談内容をすべて見る

特約は全部つけた方がいいですか?
女性医療特約、先進医療特約などいろいろございますので、一つずつお役に立つ場面をご説明させていただきますね。どんなリスクに備え、病気にどう立ち向かうかを、考えてみましょう。

相談の様子(ご相談事例からの一部抜粋)

お客さま女性特有の病気に備える保険は必要ないということですか?

ライフプランナーそのように考えることもできますが、保険には安心を得るという側面もありますし、女性特有の病気にかかった時の精神的な負荷などをふまえ重点的に備えることで、安心が得られるのであれば、備えたほうがいいですね。

お客さまなるほど。

ライフプランナー備える場合は、入院給付金日額5,000円などの医療保険に女性医療特約を付加して、女性特有の病気の保障を手厚くすることもできます。

女性特有の病気に特別に備えないで、医療保障全般を手厚くするのも一つの考え方です。例えば入院給付金日額5,000円の保障のところを6,000円にするなどです。もちろん女性特有の病気で入院しても保障されますし、その他の病気の入院も保障されます。

お客さまなるほど。それぞれのプランでいくらくらい違うんでしょうか?

相談内容をすべて見る

心配事から選ぶ - 保険選びサポート

ソニー生命では、まずはお客さま一人ひとりの思いやお考えをお伺いし、
お客さまが納得するまで、保険について丁寧にご説明いたします。

ライフプランナーとのご相談事例

ライフステージから選ぶ - 保険選びサポート

保険のご相談(無料)

  • お客さまのご希望の時間・場所でご相談だけでも承ります
  • お会いする前に電話/メールでご連絡いたします
お電話でもお気軽に

0120-158-679

平日9:00~21:00/土日祝9:00~17:30
※ゴールデンウィーク、年末年始を除く

※担当者がお客さまより現金・小切手をお預かりすることは一切ございません。
ソニー生命の
ライフプランナーへのご相談
  • 保険のご相談(無料)
  • ご相談の流れ
よくあるご質問

全て見る



お電話でもお気軽に フリーダイヤル 0120-158-679 平日9:00~21:00 土・日・祝9:00~17:30 ※ゴールデンウィーク、年末年始を除く

SL15-7216-0099

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Reader, the logo are trademarks of Adobe Systems Incorporated.

このページの先頭へ