お客さまの声

ご加入時 学資保険の加入者情報について

先輩ママはどのような保険を選んだのか?ライフプランナーとはどのように面談したのか?など、学資保険のご加入時のお客さまの声を載せています。

学資保険の契約者名義はどちらでかけましたか?

40歳 女性

学資保険を契約するにあたって、被保険者はもちろん子どもですが、契約者名義については、主人または私のどちらかを選ぶことができました。契約者に関しては、主人と私のどちらでも問題はないということでした。ただ、我が家は私が専業主婦のため、契約者名義は主人にしました。大きな理由としては、学資保険の中に、「契約者が死亡または高度障害になった場合、保険料が免除される」という仕組みがあったからです。もし将来的に、主人に万一のことがあった場合、生活力が突然なくなることで、月々の保険料の払込が難しいという状況になることもありえます。その場合でも、この契約はきちんと保障がされるという、とても安心感のある仕組みだと思います。

42歳 女性

学資保険の契約者は夫の名義にしました。理由としては会社勤めで安定した収入があるため、払込の予定を組みやすいということが第一です。また、学資保険は万一のことがあった場合、その後の保険料の払込を免除してもらえます。うちは私が専業主婦のため、私の名義にしてしまうと夫に万一のことがあったとき、保険料を払い込むことが困難になると思いました。夫婦共働きで同じくらいの収入があれば、どちらの名義にしてもいいかと思います。もし、主人の病気や年齢が理由で加入することができない場合は私名義で契約をする予定でした。

35歳 女性

我が家の学資保険の契約者は全て夫の名義で加入しました。理由としては、多くのご家庭がそうであると思うのですが我が家も大黒柱は夫です。契約者に万一の事があった場合にはその後の保険料の払込免除などの保障があるものもあります。夫名義でかけておけば大黒柱である夫に万一の事があった場合は保障対象になるのでとても助かります。一方私名義でかけていたとすると大黒柱である夫に万一の事があり、収入がなくなっても何の保障もありません。当時は専業主婦だったので私が契約者になっても保障の意味があまりありませんでしたので夫にしました。もし夫と私の年の差が離れていて私の方がずっと年下だったりしたら保険料の負担が軽くなるなどのメリットがあったかもしれませんが年の差もそんなにはないので私が契約者で学資保険に加入するメリットはありませんでした。

31歳 女性

契約者名義は主人にしました。契約者を女性である私にした場合、保険料が若干抑えられる場合もあるとの説明を受けたのでどちらを契約者にするかは正直迷いました。支払われる保険金額に対して払込保険料総額が少しでも抑えられるというのは大変魅力的です。しかし、学資保険には契約者が亡くなった場合、その後の保険料の払込が免除されるといった保障が付いている場合があります。もし契約者を私にした場合、主人が亡くなっても保険料の払込は免除にならず、以降も変わらず払い続けなくてはなりません。大黒柱である主人が亡くなれば生活は苦しくなりますし、保険料の払込が厳しくれば、保険を途中で解約しなければならない可能性もあります。そのリスクを考え、保障という学資保険のメリットを生かすために契約者は主人にしました。

37歳 女性

長男の学資保険は私が契約者として入ったので、次男は主人の名義で入りました。名義人を分散させた理由は学資保険のシステムにあります。学資保険は教育費用(教育資金)の準備ができるという面もありますが、契約者が亡くなった場合、それ以降の保険料の払込がなくなっても学資金は支払われるという保障の面もあります。だから、一家の大黒柱である主人に万が一のことがあった時の、保険になると考えました。もちろん主人は健康でピンピンしていますが、いつ何が起こるかわかりませんので、気持ち的に安心します。しかも学資保険は教育費用(教育資金)の準備ができるのも魅力です。よく考えられているな、と感じます。その中でも、ソニー生命の学資保険は戻り率(返戻率)も魅力的なので、契約者に何かあった時の保障もあるし、とても良いと思います。

抽選で100名さまに豪華商品プレゼント!キャンペーン実施中!詳しくはこちら
 保健のプロ ライフプランナーにまるごと相談 ご相談ご試算は無料 なんでもお気軽に!
わたしの場合は?返戻率とプランをシミュレーション(生年月日を入れるだけ)

母子家庭なのですが学資保険に加入することはできますか?

35歳 女性

私は母子家庭なのですが、学資保険に加入しています。女手一つで子どもを育てていくにあたり、将来の 教育費用(教育資金)や自分に万が一何かあった時の子ども生活費の為にと考え加入しました。私の場合、母子家庭だからといって保険加入にあたり制限がかかるような事はありませんでした。周りの母子家庭の知人にも相談はしましたが同様に特に制限などはなかったと聞いています。「母子家庭で収入面での不安があるから、入れる保険への制限もあるかも知れない」と思う人もいるかも知れませんが、母子家庭は国の制度で手当てが支給される場合もあります。また、自身でも計画を立てたうえで仕事をする事で安定した収入を得る事もできるので、無理の無い範囲の保険料の設定をする事で学資保険への加入も検討できると思います。

34歳 女性

母子家庭の方が学資保険に入られる際に必ず検討してもらいたいのが、契約者に万が一のことがあったときの保障です。最近の学資保険は、契約者に万が一のことがあった時、保険料の払込が免除される保障が付いているものが増えています。お母さんに何かあっても、この保障があれば契約を解約しない限り、受取時期には学資金が受け取れます。お母さんにとっても、お子さんにとっても、安心です。長い期間保険料を払い込むことになる学資保険については母子家庭の方は特にこの保障を理解しておかれたほうが安心だと思います。

44歳 女性

学資保険は子供の成長の節目(入学時)で進学学資金が受取れるのでとても良いのですが、早い段階で解約してしまうと、解約返戻金等が払込保険料総額よりも下回ることもあると思います。その為なるべく解約するという選択はしない方が良いと思います。大切なお金を母子家庭ならばなおさら無駄にはできないと思います。そんなデメリットもあるので無理のない月々の保険料で設定した方が良いのではと思います。学資保険は種類によると思いますが戻り率(返戻率)が魅力的な商品が多いと思います。

抽選で100名さまに豪華商品プレゼント!キャンペーン実施中!詳しくはこちら
 保健のプロ ライフプランナーにまるごと相談 ご相談ご試算は無料 なんでもお気軽に!
わたしの場合は?返戻率とプランをシミュレーション(生年月日を入れるだけ)

祖父母が学資保険を契約してくれたケースはありますか?

27歳 女性

学資保険を契約するころに、私の両親にどのようなプランがいいだろうか?どこの会社がいいか知らないか相談しました。母は私たちの家計を心配していたので、可愛い孫の学資保険料を負担しようかと申し出てくれました。これからいろいろお金がいるから、保険料払ってもいいよ、と。どうやら母の職場の方が、孫の学資保険や習い事のお金を払っているという話を聞いたそうです。私の友人の中にも祖父母が払ってくれていると聞いたこともあり。母からの提案を夫に相談したところ、やはり自分たちの子供の教育費用(教育資金)なのだから自分たちで払い込むべきだ、という結論にいたりました。今では節約の日々ではありますが、自分たちで払うことで親の自覚にも繋がりました。しかし夫婦で話し合った結果であれば、祖父母に契約してもらってもいいかなとは思いました。

40歳 女性

祖父母が孫の学資保険の契約をしてくれたというケースは、私のまわりでもよく耳にします。最近ではこのようなケースも増えてきていると聞きます。親世帯の収入に余裕がなく、毎月の保険料のやりくりが厳しいという場合、家計に余裕のある祖父母が、親に代わって学資保険へ加入するというケースです。親にとってはとてもありがたい話です。この場合、祖父母が契約者となって保険料を払い込むという契約内容にするか、または、祖父母は保険料を払い込むだけで、契約者は親(孫の親)にするという契約内容にするかという選択肢があります。それぞれの家計にあったかたちがあると思いますので、どちらのほうがメリットがあるのかきちんと調べることをお勧めします。

40歳 女性

学資保険を検討し始めた当時、私たち夫婦は保険に対しての知識がほぼ皆無でしたのでライフプランナーさんとの面談には私の母に同席してもらっていました。また収入面で夫は会社員でしたので安定はしていたものの、余裕があるとは言えない家計でした。そんな私たちを心配した母が契約者になってもいいけれど?との申し出をしてくれました。その旨をライフプランナーさんに相談したところ、祖父母が契約者になる事も可能、ただし、保障内容のひとつ、契約者に万一の事があった場合、という点について検討し、やはり夫を契約者にしました。母の年齢的に払い込みの開始から6年後に定年を迎えるのでその後母に万一の事があった場合の保障より、夫に万一の事があった場合の保障の方がメリットが大きいと考えたためです。

33歳 女性

双方の祖父母共に学資保険の契約はしてもらっていません。学資保険を検討する際に夫の生命保険等も考えましたので、それらの保険含めて義母に相談にはのってもらいました。夫の家は一般の生命保険への加入は今まで重要視しておらず加入も積極的ではなかったようですが、学資保険はしていたと義母に教えてもらい加入の後押しとなりました。特に保険に消極的だった夫にはその言葉が効いたようで学資保険への加入に前向きになってくれました。私の進学の時はお金の工面に苦労したから学資保険には入っておいた方がいいよと常々母から言われており、参考になりました。

抽選で100名さまに豪華商品プレゼント!キャンペーン実施中!詳しくはこちら
 保健のプロ ライフプランナーにまるごと相談 ご相談ご試算は無料 なんでもお気軽に!
わたしの場合は?返戻率とプランをシミュレーション(生年月日を入れるだけ)

お客様の声トップに戻る

SL16-7216-0442


学資金準備スクエアホーム
学資プラン・学資保険の特長
├ 学資プランの特長
└学資保険(無配当)の特長
マザーズセレクション大賞
ご活用例
信頼できる理由
学資保険のシミュレーション
よくあるご質問
学資保険とは
どうしてライフプランナーに相談?
子供保険(こども保険)とは
ご出産前の方へ
お客さまの声
資料・お見積り(ご契約までの流れ)
ご相談のお申し込み
ソニー生命とこどもちゃれんじの取組
サイトマップ