お客さまの声

その他 学資保険を選ぶ際に気をつけたい点

これから学資保険を検討するママへのアドバイスや、学資金の使い道などについて、お客さまの声を載せています。

学資保険を選定するにあたって気をつけたいことは?

40歳 女性

学資保険は、子どもが生まれた時、または生まれてから数年後等に加入して以降は、何年もの間ずっと契約をし続けていくものです。数年に一度保障内容を見直したりすることがないものだと思います。そのため、加入する前によく保険の内容を検討する必要があると思います。気を付けたい点は、最終的な学資保険の払込保険料総額の受取時期はいつか、受取時期の年齢選択が可能かどうか、受け取り金額の詳細、保障内容(医療保障などは含まれるのか)などです。さらには、毎月の保険料も重要です。長い期間払い続けていくものですから、無理のない範囲で続けていけるものかどうかも選ぶ基準に含まれてくると思います。各家庭にあったプランの保険を検討することをおすすめします。

48歳 女性

学資保険を選ぶにあたって気をつけておきたい事としては、やはり月々の保険料の設定だと思います。子供の将来のことを考えると、少しでも多くもらえる保険に加入したいものです。しかし、18年間の長い期間で払い込みをする事となりますので、普段の生活費や毎月の収入などをしっかりと整理して決めないといけないと思います。いくら保険に入っても、途中で解約してしまうと、解約返戻金が払込保険料総額を下回る事もありますので、綿密に計画をする事が重要だと思います。私の場合は月々5,600円くらいの保険料の保険に3人加入しました。そのお金で子供達の進学の準備にあてる事ができたすかりました。

41歳 女性

まずは、契約者のライフスタイル・環境・収入にあったプランがあるか、もしくはプランが豊富であるかも選定する上で必要なポイントだと思いました。もちろん、戻り率(返戻率)も重要なポイントではありますが、契約者が望むプランが存在するもしくは構築できるといった柔軟性が必要だと思います。また、その学資保険がどのような保険であるのかを知ることも欠かせない一つだと考えています。具体的に、貯蓄性重視型か保障重視型であるかです。この部分は、各家族の保険に対する考え方や要望が鮮明に表れると思います。私達が選定する上で、気を付けたことは、契約後のアフターフォローです。学資保険を契約するにあたって、重視されにくいと思います。しかし、私達の場合は、今後考えられる家族構成の変化や頻繁にある転勤と常に変動があることが想定できるので、より密に付き合いのできる保険会社を選びました。

 保健のプロ ライフプランナーにまるごと相談 ご相談ご試算は無料 なんでもお気軽に!
わたしの場合は?返戻率とプランをシミュレーション(生年月日を入れるだけ)

学資保険の保障内容を見直そうと考えたことはありますか?その理由はなんですか?その後どうされましたか?

35歳 女性

学資保険に加入したのは出産前でした。自分の家計状況などを考えながら決定することができたので、保障内容の見直しについてはしばらく考えませんでした。ただ、出産後に受取学資金総額がこの程度でいいのかと迷うことが出てきたので、生命保険や医療保険などを総合して検討したことがあります。結局、学資保険は変更せず、夫婦の医療保険・生命保険の保障内容を見直すことにより、将来の不安を払拭できました。

学資保険の保障内容の見直し

学資保険のご契約内容を確認する際、短期間で解約した場合には、解約返戻金等が払込保険料総額を下まわることがあります。また、契約者と被保険者の年齢があがっていると、払い込む保険料の負担が大きくなる場合がございます。学資保険にご加入の際には、お子さまやご家庭の将来を考えてプランを設計する必要があります。

31歳 女性

長男の学資保険の保障内容の見直しを検討した事があります。長男が加入した学資保険は、保障が手厚いタイプの学資保険で、入院や手術の際に給付金が出たり、親が亡くなった際に年金が受け取れる等の特約が付いた物でした。万が一に備えて安心だと思い保障が手厚いタイプに加入したのですが、結局その後にまたそれとは別に医療保険にも加入したので、重複した形になってしまいました。貯蓄性重視の学資保険は、家計に無理が無い程度になるべくしっかり入っておきたいと思っています。 下二人の子供は医療保険と、貯蓄性を重視した学資保険に加入しています。

35歳 女性

長男が赤ちゃんだったとき、ライフプランナーさんに相談もしない段階で、とにかく早く良い物に入らなければいけないと思い、焦ってしっかりと考えずに決めてしまっていました。特に、学資保険に付帯している様々な保障については、別で通常の生命保険にも加入していましたので、そんなに手厚いものに入らなくても良かった様に思います。乳児の際は、医療費の補助が自治体からあり、受診しても、入院しても、あまりお金がかかりませんでしたので、保障を受けるよりは、その分を貯蓄側に回せるようにプランを選択すべきだったと思いました。やはり、時間を使う事になっても、契約する前に、納得がいくまでライフプランナーさんなどから、意見を聞いたりして決める方が、後悔もないかもしれません。

 保健のプロ ライフプランナーにまるごと相談 ご相談ご試算は無料 なんでもお気軽に!
わたしの場合は?返戻率とプランをシミュレーション(生年月日を入れるだけ)

学資保険を選ぶ際の注意点は?

25歳 女性

学資保険を選ぶ際の注意点は、自分たちに合った「保険料」「受取時期」を見極めることだと思います。商品によって貯蓄性はもちろん、受取方や保険料の払込期間も異なります。たくさんの学資金を準備しなくては!と背伸びした保険料(学資金の受取額)を選択して、保険料を払い込むために家計が苦しくなったり、学資保険を解約、なんてことになりかねません。学資保険は貯蓄性が魅力的なかわりに、中途解約をすると解約返戻金等が払込保険料総額を下回るので注意が必要です。また、加入時に受取時期を選択する必要があり、後に変更することは出来ないので、加入前にしっかりと将来のシミュレーションをしておくことをオススメします。遅いよりは早く受け取った方が安心と思うかもしれませんが、担当の方に様々なパターンで設計書を作ってもらい見比べて見るのもいいと思います。

48歳 女性

学資保険の中には設定したプランにもよりますが、「3年毎に学資金が支払われる」という学資保険もあります。たしかに学資金が支払われるのは嬉しいですが、その分家計のやりくりなどを計画的におこなっていかないといけないと思います。支払われた学資金に関しては子どもの節目などのタイミングで活用を上手にしていけば良いと思います。様々な活用の方法をとっていける事も多いので、私のまわりでも、払込保険料と受取学資金・時期をしっかりと調整して活用している知人が多くいます。人にもよりますが、中学・高校入学・18歳にお金が支払われればある程度は十分だと思いますので、しっかりとした金額設定をしたうえで加入してあげることが子供のためだと思います。

33歳 女性

学資保険を選ぶ際の注意点としては、各保険会社で戻り率(返戻率)は違いますので、その部分をよく確認して少しでも自分達の希望の範囲内での戻り率(返戻率)にある学資保険を選ぶ事が重要かと思います。戻り率(返戻率)というのは90万円払って90万円受け取る場合戻り率(返戻率)は100%です。これが100万円受け取った場合返戻率が100%を超えていることになります。私自身は知り合いにソニー生命は戻り率(返戻率)が魅力的だと聞き、自分でも調べてそう感じたので加入しました。あとは中学校入学時や高校入学時に進学学資金がもらえるタイプなど学資保険にも種類があります。商品によって戻り率(返戻率)も違ってきます。ご自身のニーズに応じた保険をよく理解して選ぶことが大切だと思います。

 保健のプロ ライフプランナーにまるごと相談 ご相談ご試算は無料 なんでもお気軽に!
わたしの場合は?返戻率とプランをシミュレーション(生年月日を入れるだけ)

お客様の声トップに戻る

SL16-7216-0442


学資金準備スクエアホーム
学資プラン・学資保険の特長
├ 学資プランの特長
└学資保険(無配当)の特長
ご活用例
信頼できる理由
学資保険のシミュレーション
よくあるご質問
どうしてライフプランナーに相談?
子供保険(こども保険)とは
ご出産前の方へ
お客さまの声
資料・お見積り(ご契約までの流れ)
ご相談のお申し込み
ソニー生命とこどもちゃれんじの取組
サイトマップ