お客さまの声

ご検討時 学資保険の払込方法について

学資保険を考え始めたのはいつ頃か?きっかけは何だったのか?など、学資保険をご検討されている時のお客さまの体験談を載せています。

学資保険の払込方法は何をポイントに決めましたか?

38歳 女性

学資保険に加入することを決めた時に考えたのが、払込方法です。今までは光熱費やスマホ代のように、学資保険も毎月保険料を払うんだろうと思っていました。しかし月払以外にも年払・半年払があることを知りました。月払がスマホ代などと同じで毎月保険料を払込ことに対して、半年払は半年分の保険料をまとめて払い込まなければなりません。年払は1年分の保険料をまとめて払い込むことになります。学資保険に加入するにあたって子供のためにも絶対に途中で解約はしたくないと思っていましたので、半年払や年払の方がトータルで払い込む保険料は安くなりますが、まとまったお金を準備しておく必要がある事も踏まえて、満期までの期間が長い分、何があるかわからないので確実に保険料を払い続けることができる方法を選びました。

36歳 女性

我が家では、学資保険の払込方法は基本的に「年払」にしています。なぜなら、月払・半年払よりも、戻り率(返戻率)がアップするからです。戻り率(返戻率)をよりアップさせるのであれば、保険料によっては全期前納という方法もありますが、それでは、「万が一の時に保険料の払込が不要になる」という利点を利用することができなくなり、また、手元に残せる自由になるお金も少なくなってしまうので、ちょうど良いところで「年払」かなと考えています。年払であれば、毎年同じ時期に引き落とされるので、「○年前に、あんな気持ちで学資保険に入ったんだなぁ」などと気持ちをさかのぼりながら、新たな気持ちで次の1年に進むことができます。そういう点でも「年払」を気に入っています。

35歳 女性

学資保険の払込方法は、月払よりまとめて払い込む年払が、払込保険料よりも多くの学資金が受け取れますが、出産というのは家族が増える事です。計画を持ってやっていても、光熱費が大幅にアップしたり、思わぬ出費が立て込んでしまったりと、毎月の出費は夫婦だけの時と比較すると、ずいぶんと増えていました。だから、余裕を持てるように月々のお金を残しておくようにしました。また、もしもの時に備え夫婦それぞれにも保険をかけていた為、年払で払うのは難しく、月払で払い込むことにしました。毎月の給与より自動天引きにし、払込がきちんと出来るように考えました。

 保健のプロ ライフプランナーにまるごと相談 ご相談ご試算は無料 なんでもお気軽に!
わたしの場合は?返戻率とプランをシミュレーション(生年月日を入れるだけ)

学資保険の払込期間と月々の保険料をどう決めましたか?

44歳 女性

学資保険の保険料は家計に無理のない金額で払っており、毎月口座から自動引き落としにしています。口座からの自動引き落としでなければ現金を使ってしまいそうなので、3人の子供分すべてそうしています。学資保険の払込期間は加入年齢が生まれてすぐというわけではなかったので17~18年保険料を払い込み続けるプランにして、なるべく使わず満期までそのまま据え置きにしていこうとは考えています。保険料に関しては現在の生活に支障の無い範囲の金額を計算して設定しました。入学などの節目で進学学資金が受け取れますし、安心感はありますね。年齢が低いほど保険料の負担も軽くなる傾向があるので、子供を持つご家庭ならば学資保険はお勧めします。

48歳 女性

私が結婚した年は21歳で旦那が23歳でした。私たちは、子供ができたのをきっかけに田舎にもどることにしましたが、田舎では仕事もなく貯金も出産費用しかありませんでした。子供が産まれたタイミングで学資保険の加入を検討する事になり、学資保険のパンフレットや知人などの情報を参考にする機会がありました。月々5,000円位ならなんとか払い込みができそうと考えていました。子どもが0歳の時に加入すると1歳以降に契約するとき比べて保険料が割安だというので満期で100万円支払われる保険に加入しました。保険料を払うのは家計のやりくりなど計画性が必要ですが、娘が18歳になり進学するタイミングなども考えたうえで決定しました。計算上でも私の場合は100万円で十分進学準備ができ、契約をして良かったと思いました。

30歳 女性

学資保険というのは、そもそも子供の成長を考えた保険です。なるべく出産したら早いタイミングで保険料の払い込みがスタート出来る事が負担を少なく出来る方法です。子供の成長は、節目節目で違っていきます。幼稚園入園、小学校入学、中学校入学、高校入学、そして大学入学です。この中で、やはり最も大変なのが大学入学からの4年間だと思います。そこにポイントを置くと、やはり18歳までに保険料の払込が終わるのがいいのかなと私は考えました。月々の保険料は満期までに貰える金額により異なります。自分たちの払い込みが無理なく続けられる事を考え、また実際にどのくらい貰えると将来設計が立てやすいかを考え、月払の金額を計算してもらい決定しました。学資保険は満期時にすべてを受け取る型と、各節目の年に受け取れる型がありますが、子供が小さい時にはなかなか働くことは難しく、成長過程で予想以上に出費がかさむ事を考え、無理なく払い続けられるように後者を選択しました。それにより、保険料の払い込みも、無理なく続けられているのかなと思います。

 保健のプロ ライフプランナーにまるごと相談 ご相談ご試算は無料 なんでもお気軽に!
わたしの場合は?返戻率とプランをシミュレーション(生年月日を入れるだけ)

学資保険の払込方法を月払にした理由は?

38歳 女性

学資保険は保険料の払込期間がとても長い商品です。そして大切な子供の将来のための備えなので途中で保険料を払えなくなって解約することになるという事態には絶対になりたくありませんでした。保険料を払い込む方法として、年払、半年払、月払などがありますが私は月払を選びました。年払の方が月払と比べると1か月あたりの保険料の負担が軽くなるというメリットがあって、どちらで加入するかとても迷いました。1年の保険料の差は少しでも満期までの17年になると結構な金額になってしまうからです。どちらにするか悩んだ時に私が考えたことは、これから子供が大きくなって満期を迎えるまでに何があるかわからないということです。今はボーナスがあってもなくなるかもしれないし、確実に保険料を払える方法を選ぼうということで月払に決めました。

30歳 女性

学資保険の払込方法を月払にした理由は、いくつかあります。一番は、無理なく、毎月のお給料から、少しずつ貯金するような感覚で、スタートしたかったからです。年払にまとめてする事も、可能ではありますが、もしかしたら、急に家族の誰かが病気になったり、まとまったお金が必要な事も考えられます。そうした場合、簡単に解約やお金を下ろす事が出来ない学資保険に、まとまったお金を使う事は、リスク管理としては、我が家の家計では、あまり良い選択肢ではない、と思いました。学資保険では、わが子の大学進学の資金を想定しているので、まとまった金額が、必要となります。契約する前に、見積もりを作って頂く際に、目標金額を月々に分割して、具体的な数字を目にしたことで、毎月の家計から、その分は、絶対不可欠な支出として、天引きすることとし、それ以外の残った金額で生活することにしたので、無駄遣いなどが減りました。

31歳 女性

私の場合は月払ではなく半年払にしました。一般の家庭ではどんな払い込みも負担になってきます。 月々の払い込みは決まっていて、保険料として払う分もキチンと考えて決めないといけません。そこでボーナスが入る月に合わせて、まとめ払いをしたいと思いました。 担当の方によると半年払とか年払だと、月々払うより払込保険料総額が少ないと言われました。 金額としてはたいした金額ではありませんでしたが、それが17年間も積もるとバカにできませんでした。 ただ、残念なことにボーナスの月と少々ずれてしまいましたけど、自分には月払よりは良かったと思います。

27歳 女性

我が家が学資保険の保険料の払込方法を月払にした理由は、年払できるほどのまとまったお金の工面をする事が現実的ではなかったためです。年払にした方が、払込保険料総額が安く抑えられるので、まとまった額が貯まるまで待つことも考えましたが、そうするとなると夫の契約年齢も子供の年齢も変わってきてしまい、結果、若い年齢で契約するときに比べて割高になりそうだったのですぐに契約し月払で払込することにしました。また、契約者が死亡すると以降の保険料が払込免除となる保障があると知ったのも大きな理由です。月々払い込みするのも大変ではありますが、コツコツ教育費用(教育資金)を準備している実感があり、資金を準備することが苦手な私には向いていました。

 保健のプロ ライフプランナーにまるごと相談 ご相談ご試算は無料 なんでもお気軽に!
わたしの場合は?返戻率とプランをシミュレーション(生年月日を入れるだけ)

学資保険の払込方法を年払にした理由は?

39歳 女性

学資保険を年払にすることで、少しでも費用を抑えて 教育費用(教育資金)の準備ができると思います。出産祝いやお年玉でいただいた分を含めて年に1回まとめて払うと、月々の負担は軽くなるので得した気分になります。実際に月払より少し戻り率(返戻率)がよくなるようです。払込方法についても変更が可能ということだったので、月々の払込にしたほうが気分が楽になるときは変更したいと思います。年に一度子どもたちへのお年玉をまとめてしている、と思えば、セールや福袋などの誘惑が多いシーズンも乗り切ることができます。お金の価値としてはその時に使うのと変わりませんが、将来何かしたいときに必要な資金がある安心感と、今年も無事に1年過ごせますようにという願いも含んでいます。

38歳 女性

学資保険は保険料払込期間がとても長い商品です。そして大切な子供の将来のための備えなので途中で保険料を払えなくなって解約することになるという事態にはなりたくありませんでした。保険料を払い込む方法として、年払、半年払、月払などがありますが私は月払を選びました。年払の方が月払と比べると1か月あたりの保険料が少なくなるというメリットがあって、どちらで加入するかとても迷いました。1年の保険料の差は少しでも、満期までの17年になると結構な金額になってしまうからです。どちらにするか悩んだ時に私が考えたことは、これから子供が大きくなって満期を迎えるまでに何があるかわからないということです。今はボーナスがあってもなくなるかもしれないし、確実に保険料を払い込める方法を選ぼうということで月払に決めました。

31歳 女性

支払方法を年払にした理由は、まとめて払い込むことによって総合的な保険料を少しでも抑えたいと思ったからです。学資保険に第一に求めるものは貯蓄性です。将来かかるであろう多額の教育費を賄うために、少しでも少ない保険料で多くの進学学資金等を手にできるというのは非常に魅力的でした。 また我が家の場合、年払にした方が家計のやりくりがシンプルでわかりやすくなるといった点も決め手でした。通常、月々の生活費の収支は一定ではありません。食費や光熱費だって違いますし、税金の支払いや冠婚葬祭など思いがけない出費で家計が苦しくなることもあります。そうした中で月の払い込みに頭を悩ますよりも、ボーナスなどまとまった収入がある時に一括で払い込んでしまった方が家計の管理がしやすいと思い、年払を選択しました。

 保健のプロ ライフプランナーにまるごと相談 ご相談ご試算は無料 なんでもお気軽に!
わたしの場合は?返戻率とプランをシミュレーション(生年月日を入れるだけ)

お客様の声トップに戻る

SL16-7216-0442


学資金準備スクエアホーム
学資プラン・学資保険の特長
├ 学資プランの特長
└学資保険(無配当)の特長
ご活用例
信頼できる理由
学資保険のシミュレーション
よくあるご質問
どうしてライフプランナーに相談?
子供保険(こども保険)とは
ご出産前の方へ
お客さまの声
資料・お見積り(ご契約までの流れ)
ご相談のお申し込み
ソニー生命とこどもちゃれんじの取組
サイトマップ