まとめ 大人になるって、どういうこと?

意外と知らない? 大人のコト

ここがポイント!

職業名の数約17,000種類 ※1

こんなに種類があったんだよ! 会社勤めのお仕事だからといって、「サラリーマン」だなんてひとくくりにはできないね。

職業一覧 (新しいウィンドウで開きます)
※13歳のハローワーク 公式サイト

「将来、どんな大人になろうかな?」
誰でも一度はこんなふうに想像をふくらませたことがあるのではないでしょうか。

人それぞれ、大人に対して色々なイメージを持っていると思います。でも、私たちは意外と大人のことを知らなかったりするのです。

たとえば、職業。
現在、日本には約17,000種類もの職業があると言われています。
こんなにたくさんの職業があったなんて、ちょっと驚きですね。

もちろん、やりたいことが見つからなければ、自分で会社をつくって、新しい職業をつくることもできます。
なんだか夢が広がりませんか?

自分で考え、自分で決める

ここがポイント!

結婚式の費用総額約320万円 ※2

結婚式のためにはしっかり準備しておきたいね。もちろん、式を挙げないという選択肢だってあるんだよ。

大人になれば、いろいろなことを自分で決められるようになります。

大好きな人と愛を育み、結婚することもできます。そして二人で協力して新しい家庭をつくることもできます。どこに住むかも、自分で決められます。結婚しないで、ひとりで生きていくのも自由です。

仕事だってそうです。
どんな仕事をやりたいかを自分で考えて、自分で決めることができます。

ここがポイント!

グラフ:あなたが働くモチベーションは何ですか? ※3

お給料だけが大事だと思っていないかな? 仕事自体の面白さや、やりがいだって重要なんだよ。自分にあわないことを続けるのは大変だもんね。やっぱり、得意なことで誰かの役に立てるのが一番かな。

昔は当たり前ではなかった自由

ここがポイント!

自由で当然?

自由は昔からあったものではなく、大人たちがつくりあげてきたものなんだよ。そう考えるとさらに価値を感じられるよね!

自分で決めたように、自由に生きてゆく。

こうしたことは、いまでは当たり前のように感じられるかもしれません。でも、遠い昔には、身分や職業が決められていて、自由に生きることが難しい時代もあったのです。

みんなが自由に生きられる社会を目指して、大人たちは努力を重ねてきました。その結果、便利な世の中になり、多くの人が思いとおりに生きることができるようになったのです。

責任ってなんだ?

イテテ…ちゃんと準備しておけばよかった~

もうひとつ、自由に生きていくためには忘れてはいけないことがあります。それは、いろんなことに自分で責任を取らなくてはいけないということ。

たとえば、宿題がたくさんでているのに、提出日の前日まで遊んでいたとします。思った以上に量が多くて終わらせるのに苦労したとしても、誰のせいにもできませんよね。

大人になると、もっといろんなことに自分で責任を持たなくてはいけません。予想もしなかったトラブルにみまわれたときでも、基本的には自分でなんとかしていく責任があるのです。

ライフプランニングで、本当に自由な人生を送ろう

ここがポイント!

ライフプランを立てるには?

まずはどんな人生を送りたいか、自由にイメージしてみることからはじめてみよう。そして、それを実現するための計画を立てて実行していこう。「もしうまくいかなかったらどうするか」を含めて考えておくことも重要なんだよ。

次はどんなことにチャレンジしてみようかな?

責任を引き受けるのは、大変そうに見えるかもしれません。
でも、ちょっと考えてみてください。
あなたの人生は、他の誰かのものではない、あなただけの人生です。
誰かに言われたとおりではなくて、自分で決めたとおりに生きるほうが、素敵だと思いませんか?
その過程で、ときには困難が立ちはだかるかもしれません。
それでも、自分の力で乗り越えて、思いとおりに生きていく。
それが、本当の意味で自由に生きるということなのです。

未来を想像してみてください。
やりたいことはなんですか?
誰と、どこで、どんな暮らしをしていたいですか?
どんなふうに、それを実現しますか?

自分だけの人生を、自分自身の手で計画して、かなえていく。
それが、ライフプランニングという考え方なのです。

  • ※1 第4回改訂 厚生労働省職業分類 職業名索引より
  • ※2 結婚情報誌『ゼクシィ』(リクルート発行)調べ
  • ※3 【プレジデント・gooリサーチ共同】働きがいに関するアンケート より

このページのトップへ