ソニー生命保険

ナビゲーションをスキップする

特記事項

情報セキュリティマネジメントシステムの認証取得

ソニー生命は、保険事務関連部門(大手町本社、中野坂上本社、札幌サービスセンター)を対象に情報セキュリティマネジメントシステム規格の国際規格である「ISO 27001」を取得しています。

ISO27001

IS 517456 / ISO 27001

機微(センシティブ)情報の取扱

人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪の経歴、犯罪により害を被った事実その他本人に対する不当な差別、偏見その他の不利益が生じないようにその取り扱いに特に配慮を要するものとして個人情報保護法施行令で定める記述等が含まれる個人情報(以下、要配慮個人情報といいます)、ならびに労働組合への加盟、門地、本籍地、保健医療および性生活(これらのうち要配慮個人情報に該当するものを除きます)に関する情報(本人、国の機関、地方公共団体、個人情報保護法第76条第1項各号もしくは個人情報保護法施行規則第6条各号に掲げる者により公開されているもの、又は、本人を目視し、もしくは撮影することにより取得するその外形上あきらかなものを除き、以下、機微(センシティブ)情報といいます)については、保険業法施行規則第53条の10および同法施行規則第234条第1項第17号において、業務の適切な運営の確保その他必要と認められる目的に利用が限定されています。
ソニー生命では、機微(センシティブ)情報について法令等により認められる目的以外では利用しません。
ソニー生命は、適切な事業運営を確保するために、お客さまの同意に基づき業務遂行上必要な範囲で、お客さまの健康状態・身体の障がい状態、過去の病歴等の機微(センシティブ)情報を取得・利用します。
また、保険契約のお引き受け、復活、内容変更および保険金・給付金のお支払い等の審査に際して、その可否あるいは付帯条件について、その理由を含めて、必要最小限の範囲でお客さまの機微(センシティブ)情報を契約者・受取人および生命保険募集人(保険募集代理店を含む)にお知らせすることがあります。

再保険会社等への情報提供について

ソニー生命は、ご本人の同意を得て、又は法令により認められた範囲内で、ご契約に関するお客さまの個人情報を、再保険※の締結、再保険契約に基づく通知・報告、再保険金の請求等のために、再保険会社等に提供することがあります。

※再保険とは、保険会社が締結した契約中の危険の一部を、別の保険会社が引き受けることをいいます。再保険により、保険引受にかかるリスクを分散することが可能となります。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Reader, the logo are trademarks of Adobe Systems Incorporated.

このページの先頭へ