ナビゲーションをスキップする

老齢給付金

※2020年9月現在の確定拠出年金制度に基づき記載しています。

受給要件

原則60歳になったとき。ただし、60歳時点で通算加入者等期間*が10年未満の場合、以下の年齢から受給可能となります。
      

*確定拠出年金の老齢給付金の支給要件となる期間で、加入者期間と運用指図者期間を合算した期間のことをいいます。
 年金資産を移換されたことがある方の通算加入者等期間は、確定拠出年金(企業型)およびiDeCoの加入者期間と運用指図者期間のすべてを合算した期間です。
 また、確定拠出年金(企業型)とiDeCoの両方に並行して加入した場合、重複期間は一方のみ算入します。
 

        
通算加入者等期間 受給可能年齢
8年以上10年未満 61歳
6年以上8年未満 62歳
4年以上6年未満 63歳
2年以上4年未満 64歳
1ヶ月以上2年未満 65歳

 

受取方法

 

「一時金」「年金」「年金・一時金の併給」からご選択ください。  

     
受取方法 内容
一時金 資産を一括で受け取る方法
年金 資産を運用しながら定期的に資産を取り崩し受け取る方法
  • 受取期間:5年、10年、15年、20年からご選択いただけます。
  • 受取回数:1年間に1回、2回、6回からご選択いただけます。
年金・一時金の併用 年金と一時金を組み合わせて資産を受け取る方法

税金

「一時金」で受け取る場合

退職所得として他の所得とは分離して課税されます(分離課税)。 また、退職所得控除の対象となります。

【退職所得の計算方法】

  
勤続年数(*1) 退職所得(課税対象)
20年以下 {(退職一時金合計)-(掛金拠出期間(*2)×40万円)(*3)}×1/2 (*4)
20年超 {(退職一時金合計)-800万円-70万円×(掛金拠出期間(*2)-20年)}×1/2 (*4)

(*1)他の退職手当等を受け取った場合、期間を調整することがあります。
(*2)掛金拠出機関は企業型から資産を移換した場合、企業型の掛金拠出期間も通算されます。また、1年未満の端数は切上で計算します。
(*3)退職所得控除額(掛金拠出期間×40万円)が80万円に満たない場合、控除額は80万円となります。
(*4)役員等として勤続した年数が5年以下の方が受け取る役員退職手当等に係る退職所得には、上記計算式の1/2課税の適用はありません。

「年金」で受け取る場合

雑所得として他の所得と合算し課税されます(総合課税)。また、公的年金等控除の対象となります。

【公的年金等に係る雑所得の計算方法】

                                                         
年齢(*1) 1年間の公的年金等の収入(A)(*2)公的年金等に係る雑所得(*3)
65歳未満 130万円未満(A)-60万円
130万円以上410万円未満(A)×75%-27.5万円
410万円以上770万円未満(A)×85%-68.5万円
770万円以上1,000万円未満(A)×95%-145.5万円
1,000万円以上(A)-195.5万円
65歳以上 330万円未満(A)-110万円
330万円以上410万円未満(A)×75%-27.5万円
410万円以上770万円未満(A)×85%-68.5万円
770万円以上1,000万円未満(A)×95%-145.5万円
1,000万円以上(A)-195.5万円

(*1)その年の12月31日時点の年齢により判定します。
(*2)公的年金等控除の対象となる公的年金等(厚生年金など)を合算した金額となります。
(*3)公的年金等控除の対象となる雑所得以外の所得の合計が1,000万円超2,000万円以下の場合は一律10万円、2,000万円超の場合は一律20万円が、それぞれ得控除額が少なくなります。

<例1>60歳の方が厚生年金200万円、iDeCo100万円を受け取った場合の課税所得
    (200万円+100万円)×75%-27.5万円=197.5万円
<例2>70歳の方が厚生年金200万円、iDeCo100万円を受け取った場合の課税所得
    (200万円+100万円)-110万円=190万円

「年金・一時金の併給」で受け取る場合

「年金」で受け取る給付金については、「年金」で受け取る場合をご確認ください。

「一時金」で受け取る給付金については、「一時金」で受け取る場合をご確認ください。

※2020年9月1日時点の税制・税率に基づくものです。税制・税率は将来変更されることがあります。

お手続方法

老齢給付金の受給権を取得された方

受給権を取得した翌月上旬に「一時金」の手続書類をお送りさせていただきます。

<「年金」または「年金・一時金の併給」でお受け取りになられる場合>
「一時金」とは別の手続書類をお送りさせていただきますので、当社カスタマーセンターにご連絡ください。

<給付金をご請求されず据え置かれる場合>
手続書類のご返信は不要です。ご請求される際にあらためて手続書類をお送りさせていただきますので、当社カスタマーセンターにご連絡ください。

フリーダイヤル

0120-104-283

月曜日~金曜日 9:00~17:30
(土・日曜日、法定休日、年末年始ならびに上記時間以外はご利用いただけません)

70歳になられる方

70歳になられる11ヶ月前頃に「一時金」の手続書類をお送りさせていただきますので、必要書類を添付のうえご返送ください。
据置できるのは70歳までです。70歳の誕生日の前日までに必ず請求手続の完了をお願いいたします。

<ご注意>お手続期間について

当社に書類が到着してから資産のお受け取りまで2ヶ月程度かかりますので、ご了承ください。



ページトップへ