ソニー生命に
相談するとできること

ダブルケアは肉体的・精神的な負担に加え、経済的な負担も大きくなります。特に経済的な負担はダブルケアに直面した後での対処が難しいこともあります。

まずは「自分がダブルケアに直面する」ことを前提として、両親や兄弟などの親族と、介護の負担や分担について話し合っておくことが対策の第一歩です。

ソニー生命は、ライフプランニングを通じて、この先の人生においてダブルケアが起こりうる可能性や、直面する前の対策、備えの大切さを考えていただく活動に取り組んでいます。

次のようなことに
ライフプランナーがお役に立てます。

何年後にどういう出来事が起こりうるかをシミュレーション
これから先、ご家族にどんな出来事が待っているのか、家族構成や、お子さまの進学時期や親の介護リスクが高まる時期などを整理し、将来を予測しながらライフプラン表を作成します。
ライフプランが整理できたら、将来の収支をシミュレーションします。
介護や子育てに関する費用や、住宅に係る費用などの「出ていくお金」と、これからの給与、支給予定の年金などの「入ってくるお金」が、時間の経過とあわせて整理され、いつ、どれぐらいの費用が必要になるのかが明確になります。
家族構成などを整理して、もしものときの介護負担分担を決める
誰がいつ要介護になるリスクがあるのか、介護の負担を分担できる兄弟や親戚はいるかなどを整理して、将来のリスクに備えましょう。敬遠されがちな話題ですが、事前に家族で話し合っておくことで、いざというときの負担軽減につながるのはないでしょうか。ライフプランナーがライフプランニングを通じて、家族で話し合うための課題整理などサポートいたします。
貯蓄や保険の準備、アドバイス
ライフプランナーはお客さまにとって、本当に必要な保険の設計を行う保険・金融のプロフェッショナルです。詳細なヒアリングを元に、考えうるリスクにどのように備えるかや、ライフプランを守るための保障の提案など、描いた夢を実現できるようプロの観点からアドバイスいたします。
介護に関する割引制度や、地域の支援団体の情報提供
支援団体や、交通費の介護割引制度など地域に即した情報提供ができるケースもあります。
個々に特化した問題に対応できる専門家を紹介
介護や子育てに関する専門家をご紹介できる場合もあります。また、ライフプランニングを通して問題が見えてくることもありますので、まずはライフプランナーにご相談ください。

転ばぬ先の杖として
まずはライフプランナーに
ご相談ください。

ライフプランナーに相談する