お客さまの人生の登場人物になりたい。 ライフプランニングでお客さまの心の声をきき、 描いた未来の実現をサポートする。

細川 智也

スペシャル ライフプランナー

  • 千葉ライフプランナーセンター第3支社
  • 2017年4月入社、前職:理学療法士

前職:理学療法士

入社のきっかけを教えてください。

前職は、理学療法士として病院に勤務していました。子どもの頃から目指していた仕事でしたし、人と接することが大好きな私には天職だと思っていました。ただ、マネージャーになってからはとにかく忙しく、患者さんの診療が終わった後に、カルテの作成、部下の研究計画書の確認・論文の添削、私自身の論文作成といった作業をするため、帰宅は深夜になることが日常になっていました。当時まだ小さかった子どもたちと過ごす時間もなく、朝仕事に行くときに、「また来てね」と言われてしまうこともありました。
そんなときに紹介された営業所長から、「ライフプランナーは自分で時間をコントロールして、働き方を決められる」という話を聞き、ライフプランナーという仕事に興味を持ちました。もうひとつ魅力を感じたのが、お客さまと長くお付き合いができること。理学療法士の仕事は、ひとりの患者さんと接する期間は一時的なものです。人が大好きな私は、お客さまの人生をサポートし続けられるライフプランナーの仕事は素晴らしいと素直に思い、ライフプランナーへの転職を決めました。

ライフプランナーの仕事の魅力を教えてください。

実際にライフプランナーになって感じる魅力は、時間のコントロールはもちろん、どういったお客さまとお会いするのか、どのような価値をご提供するのかも自分で決められることです。私は「子育て世代のお父さん・お母さんをサポートする」ことをミッションのひとつとしていますので、子育て中のお客さまが多くいらっしゃいます。ライフプランナーには幅広い知識が求められ、知識の習得を怠ることはできませんが、活動の軸を決めたことで必要な知識を集中して深めることができるようになりました。また、同じ悩みをもつお客さまをご紹介いただくことも多くなり、活動のリズムが安定したことで、さらに時間コントロールが図れるようになりました。今では子ども達との充実した時間を過ごすことができていますし、目指していたワークスタイルが実現しつつあると感じます。時間や目標、活動内容を自分で決められるライフプランナーは、魅力ある仕事だと実感しています。

ライフプランニングについて教えてください。

お会いするお客さまには必ずライフプランニングをお勧めします。ライフプランニングでは将来のライフイベントをもとに収入と支出を可視化できるツールを使用しますが、特徴はそれだけではありません。
ライフプランニングには「お客さまの想いをきく」プロセスがあり、私はこのプロセスを一番大切にしています。ご家族がいらっしゃるお客さまであれば、どんなお子さまに育ってほしいのか、どんな教育を受けさせたいのか、あるいはご自身の仕事についてどう考えているのかなど丁寧に伺います。私の場合、思考整理を得意としており、お客さまが小さい頃に経験した親御さんとの思い出やよく行った場所、小さい頃の夢など色々と聞いていく中で、「私はこれがやりたかったんだ」「だから子どもにはこうしてあげたかったんだ」など、心の底にある想いにお客さまご自身が気づかれることも多くあります。思考が整理されることで、お客さまは考えや判断に自信が持てたり、「子どもにはこうしてあげたい」と想いが強まったりもします。
数字面のライフプランニングは、恐らくAIでもできる時代がくると思います。しかし、お客さまの潜在的な想いを引き出し、「最幸水準の家族未来創造」をサポートする真のライフプランニングは、ライフプランナーにしかできないと自負しています。

保障のご提供について教えてください。

真のライフプランニングを極限まで考えていただいた後は、対極にある「病気」や「死」のお話しもさせていただきます。何が起きてもライフプランが守られる手段が準備されていなければ、せっかく考えられたライフプランが意味のないものになってしまうかもしれません。小さなお子さまがいるご家庭であれば、万一が起きたことでお子さまの未来を壊すことがあってはならないと思っています。
私自身、元気でも、病気になっても、介護になっても、万一があっても、子どもには希望する学校に進学してほしい、やりたいことをやって欲しい、家族旅行には行ってほしいと思っています。子どもの成長にとって、家族とつくる思い出や経験は大切ですし、子どもになにかを諦めさせたくない。ましてや、お金を理由に諦めることは避けてあげたい。そんなお話しもしながら、ライフプランを守るための保障についてお客さまにはお伝えしています。
若くして重い病気に罹患し、生命保険に加入できなかった友人から「何かあったときに、経済的に家族を守れるか不安だ」という話を聞いたこともありました。ライフプランナーである私がお客さまにできることは、「保障の正しい考え方や必要性」をお伝えすることだと思っています。お客さまには後悔のない人生を送っていただきたい。そう思いながら、ライフプランニングや保障のお話しをしています。

これからの目標を教えてください。

「保険会社の人の話は『死』や『病気』の話ばかりで暗いし、難しい話ばかり」と思われる方も多いかもしれませんが、面談中はお客さまも私も笑いが絶えません。「細川さんに会うのがいつも楽しみです」「細川さんに会うと気分が晴れやかになります。また相談にのってください」といった言葉をいただけることが何より嬉しいです。
「誰かの人生の登場人物になりなさい」という話を聞いたことがあります。他者への関わりにおいて、「その人の人生を良い方向に進めるきっかけになり、人生を語るうえで欠かせない人物」という意味です。私との出会いでお客さまの人生をプラスにできるような、お客さまの人生の登場人物になれるような存在でありたいと思っています。

インタビュートップへ戻る

こちらのページをご覧になっている方は、
こちらもよくご覧になっています。

詳しい話を聞く