ナビゲーションをスキップする

実際のご相談の様子 CONSULTING PREVIEW

ライフプランナーとの相談はいったいどのように進むのか、気になるお客さまもいらっしゃるかと思います。
こちらでは、お客さまとライフプランナーの実際のご相談の様子を会話形式でご覧いただけます。

ご相談までの流れはこちら

ご相談事例 子どもの学費だけは何とかしてあげたい

ご相談のきっかけ:第二子が生まれたのをきっかけに保険を見直したい

年齢・性別:31歳・男性
家族構成 :ご本人(31歳・正社員) 妻(29歳・パート) 子供二人(5歳、1歳)
世帯年収 :約900万円

学資保険の特長と考え方

  • ライフプランナーまずはご相談いただいた学資保険について簡単にお話しさせていただきますね。
    学資保険についてどの程度ご存知ですか?
  • お客さま子どものための教育費の準備の保険で、大学入学の頃に受け取るものですよね。あと、払った保険料よりも、受け取る金額が多いものもあるときいたので、それは見逃せないなと思いました。
  • ライフプランナーよく、お調べになられてますね。それ以外のポイントとしては、契約者に万が一のことがあった時はその後の保険料が免除される、ということですね。
  • お客さまソニー生命の学資保険は貯蓄性を重視していると聞いたのですが。
  • ライフプランナーはい、ソニー生命の学資保険は返戻率(※)が100%を越えていますので、満期時には、払った保険料よりも多く受け取ることができます。返戻率はお子さまが何歳になった時を満期にするか、保険料の払込方法をどうするかなどによって変わってきます。
    ※返戻率≒受取学資金総額÷払込保険料総額x100
  • お客さまいろいろ選べるんですね。
  • ライフプランナーはい、渡辺さんが学資保険をお考えになったのは、どんな目的からですか?
  • お客さまそうですね。子どもたちが独り立ちするまでの資金を作っておきたいと思ったんです。生活に余裕はないのですが、本人が望めば大学に行かせてやりたいですし、とにかくお金の問題で子どもたちが何かできなくなったりしないようにしたいんです。
  • ライフプランナーお子さまの、可能性をひろげたい、ということですね。
  • お客さまそうですね、特に欲張るつもりはないので、できる範囲で最低限しっかり準備してあげたいと思っています。何かもっといい方法があったりするのでしょうか。
  • ライフプランナー学資保険は良い選択肢だと思います。ですがもし万が一のことがあった場合、奥さまやお子さまが暮らしていくお金がすぐに必要になりますよね。学資保険はお子さまが最初に設定した年齢に達した時にお金が出る仕組ですから、それまでのことを考えると、別の保障が必要になるかもしれません。
  • お客さま言われてみればそうですね。仮に私がいないとすると、私の収入がなくなるわけですもんね。
  • ライフプランナー教育費以外にかかる費用は案外忘れがちです。預貯金がたくさんあれば別ですが、もしよろしければご家族の生活に備えることも一緒に考えてみましょうか。
ご自宅やご自宅以外の場所での相談も可能です。お客さまのご都合のよろしい場所にライフプランナーがお伺いいたします。
まず、ライフプランニングでお客さまの守りたい未来の生活を見える化し、それを元にライフプランナーが収支試算&保障設計いたします。

Point !

魅力的な貯蓄性

ソニー生命の学資保険は魅力的な返戻率で人気。ご契約者に万一の時は以降の保険料の払込が不要となり、学資金は全額受け取ることができます。

※学資保険は保険代理店でのお取り扱いはございませんので当社のライフプランナーにご相談ください。
なお当社で既にご契約いただいている場合は、まずは担当のライフプランナー、保険代理店にご相談ください。

貯蓄性のある養老保険を活用する

  • お客さま学資保険以外に、貯蓄性のある保険ってあるのでしょうか。
  • ライフプランナー保障と貯蓄を同時にご希望でしたら、養老保険がいいかもしれません。
  • お客さまどう違うんですか?
  • ライフプランナー養老保険は、保障と貯蓄を兼ね備えた保険ですので、万が一のことがあってもなくても、設定した保障額が支払われます。学資保険と違うのは、万が一の際にはすぐに保険金が支払われるということですね。
  • お客さまでも学資保険と同じくらい、貯蓄性が重視されているとは限らないんですよね?
  • ライフプランナーそうですね。その代わり、万一の際のご家族の当面のお金の工面がつきますね。
  • お客さまなるほど。わかりました。少し考えてみます。
疑問点などあればなんでもご質問ください。ご納得されるまで説明いたします。

Point !

備えはバランス良く

学資保険は、学資金の受取時期は決まっています。お子さまが夢をあきらめることが無いよう、ご契約者が万一の時の、当面の生活費なども備えておきましょう

収入が少ない奥さまの保障について

  • ライフプランナーもう一つ考えておくべきものものとして、渡辺さんではなく奥さまに万一のときのことです。
  • お客さままた知らない話が出て来ましたね(笑)。妻はパートで働いているので僕よりは、収入は少ないのですが。
  • ライフプランナー収入面ではそうかもしれませんが、お子さまの生活を最優先した場合、奥さまがいなくなる方が大変であるかもしれません。渡辺さんはお仕事をしながら家事や子育てをしなくてはいけませんし、習いごとの送迎なども考えるとかなり負担が大きくなるでしょうね。
  • お客さま確かにそれは大変です。でも私がいなくなって収入がなくなる方が大変じゃないですか?
  • ライフプランナーもちろんです。ただ渡辺さんは会社勤めなので、遺族厚生年金といって残されたご家族のための年金が支給されるかと思います。奥さまがなくなった場合はこれはありません。
  • お客さま妻の保険なんて考えたこともありませんでした。ですが、あまり生活費に余裕がないので、選ばないといけないですね。
  • ライフプランナー例えば万が一の場合に、ご実家の支援がどれだけ得られるか。実際にいくらまで保険や貯金に回すことができるかなど、一緒に整理できるといいですね。
  • お客さま家計はかなり妻に任せているので、一度しっかり話さないといけないですね。
  • ライフプランナーはい、ぜひ一度お話しいただいて、よろしければまたの機会に奥さまを交えてお話しできるといいですね。
  • お客さまぜひそうしたいです。今日は本当にいろいろと教えていただいて、しっかり考えて保険に入ろうと思いました。やっぱり専門家に聞かないと分からないですよね。
  • ライフプランナーお役に立てて、うれしいです。本当に必要な保険かどうか分からずに加入してしまって、万が一の時に後悔するようなことはさせられませんからね。
  • お客さま本当にそうですよね。今聞くとその通りだと思います。今日はありがとうございました。
  • ライフプランナーこちらこそ、ありがとうございました。
家計収支の見直しも含めて、将来設計をいたします。
わかりやすい資料でもご説明します。

Point !

万が一の時の
生活費に備える

「養老保険」などで、貯蓄と保障を兼ね備えたプランを作ることも可能です。緊急時の生活立て直し資金としても活用いただけます。お子さまの教育資金は親御さんの心配ごとの一つだとおもいますが、学費を優先するあまり、万一のときの備えが足りなくなっては本末転倒です。

ライフプランナーに関するよくあるご質問

ライフプランナーってどんな人ですか?

ソニー生命のライフプランナーは、豊かな営業経験と高い知識レベルを持つ保険のプロフェッショナルです。厳格な採用基準をクリアし、入社後は当社独自のカリキュラムによる徹底した教育訓練を受けており、税務・法律・経済などの幅広い知識と豊富な経験、さらに磨かれた技術を駆使してご契約後も質の高いサービスをご提供いたします。

ライフプランナーと会った後はどうなるんですか?

お客さまのご要望にあわせて保障プランを設計し、ご提案させていただきます。お客さまからのご希望なしに、保障プランのご提案をすることはありません。

ソニー生命ってどんな会社?

ソニーフィナンシャルグループの生命保険会社です。
コンサルティングによる「オーダーメイドの生命保険」という、かつてないスタイルで日本の生命保険業界に新風を吹き込みました。多様化する高度なニーズに応えられる合理的な生命保険をご提案する「高質なサービス」が多くのお客さまからご支持をいただいています。

もっと見る 新しいタブで開きます

お気軽にライフプランナーにご相談ください。

保険の無料相談はこちら

お客さまのご希望の時間・場所でご相談だけでも承ります。お会いする前に電話/メールでご連絡いたします。
※担当者がお客さまより現金・小切手をお預かりすることは一切ございません。

ページトップへ