ソニー生命保険

ナビゲーションをスキップする

ソニー生命の社会貢献活動

被災地支援の活動は
社員の募金によって運営されており、
運営主体は、社員一人ひとりです。

被災された方々に元気と希望を。

One Love One Trust

東日本大震災の発生直後に社員有志による「復興支援の会」が発足し、被災された方々に元気と希望を持っていただきたいという思いから、被災地域の支社が中心となって幅広いボランティア活動を積極的に行ってきました。どんなに大きな出来事も時間の経過と共に想いは薄れてしまいがちです。「私たちはこの日の東北を永遠に忘れない」当社はこれからも被災地への復興の願いと想いを忘れること無く、社員一人ひとりが自分にできることは何かを考えながら、さまざまな活動を継続的に実行していきます。

東日本大震災の被災地支援を目的とした主なボランティア活動

2011年の震災発生直後に「復興支援の会」を発足し、社員有志による炊き出しや仮設住宅への支援を行ってきました。現在も、夏祭りイベントを継続して行い被害に遭われた方々への心の支援を行っています。


夏祭りボランティア
2011年7月から、毎年夏祭りのボランティアを行っています。屋台の出店やソニーグループ社員による「ソニー吹奏楽団」の演奏、地元フラガールの「フラダンス」、ソニー生命社員(ヘルスキーパー)による「マッサージサービス」など、たくさんの方々に日ごろの疲れを癒していただきました。
花を植えたプランターの配布
全国の支社・本社からの応援メッセージを記入したプランターに花を植えて仮設住宅に配布しました。
窓ふきの様子
夏祭りの様子

熊本地震、九州北部豪雨の被災地支援

仮設住宅への支援として、花を植えたプランターの配布や縁日イベントを行うなどの活動をしています。
プランター配布の様子