将来を設計することは、家族が安心すること。

\ 将来の設計について無料で相談! /

運用リスクと諸費用について、
必ずこちらからご確認ください。

【運用リスクについて】
この保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が年金額や積立金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の影響により、年金の合計額、死亡給付金額、解約返戻金額が払込保険料の合計金額を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。

【諸費用について】
この保険にかかる費用は、「運用関係費用」と「保険関係費用」の合計額になります。「運用関係費用」のうち、「特別勘定運用費用」については、積立金から実費を控除します。また、投資信託にて運用を行う場合、投資信託で運用されている資産から信託報酬などが別途控除されます。
保険契約の締結・維持および保証などに必要な費用(「保険関係費用」)を保険料や積立金から控除します。したがって、お払い込みいただく保険料のすべてが特別勘定で運用されるわけではありません。なお、保険関係費用は被保険者の性別・契約年齢などにより異なるため、費用の合計額またはその上限額を表示できませんのでご了承ください。

\ 将来の設計について無料で相談! /

ライフプランナーがお話しします

ソニー生命の
「変額個人年金保険(無配当)
とは?

変額
個人年金保険
基本情報

生命保険の一種で、公的年金とは別に保険会社などと契約します。運用実績に応じ年金額が変動(増減)。老後資金の計画的な準備が可能です。
無配当型とは配当金のない保険で、保険会社や保険種類などの条件を揃えた場合、配当型よりも保険料が安くなります。

※2 所定の条件を満たしている場合に限ります。 
※3 死亡給付金は運用実績に応じて日々変動します

年金額は、運用実績に応じて変動(増減)します。最低保証がないため、年金の合計額、死亡給付金額、解約返戻金額が、払い込まれた保険料の合計金額を下まわる場合があり、損失が生じるおそれがあります。

こんな方のお役に立ちます。

  • 老後の生活資金が足りない。

  • 貯蓄に手が回らないので保険を見直したい。

  • 自分にベストな資産形成法って、あるの?

  • withコロナ時代のこれからが何かと心配だ。

  • 住宅購入予定!
    お金を貯めたい!

  • 保険・金融のプロに
    あらゆる話を
    聞きたい。

\ 将来の設計について無料で相談! /

ライフプランナーがお話しします

そこで!
「変額個人年金保険」を
上手に活用!

01

たとえば! 老後に必要な生活費、空白の
1,440※4万円 に備えておきませんか?

定年となり給与所得がなくなってから年金が支給されるようになるまで、5年の期間があります。
現在の家計の状況でその空白を埋めることができるかどうか、チェックすることが大切です。

収入の空白期間イメージ(会社員の場合)

老後の生活費として1ヵ月に必要な平均的金額は、およそ24万円。
それを、定年から年金支給までの5年間で考えると、約1,440万円必要になります(※4)。

約24万円×60ヵ月(12ヵ月×5年間)
=約1,440万円

※4:公益財団法人生活文化センター/令和元年度「生活保障に関する調査」によると、平均的な1ヵ月の老後の生活費はおよそ24万円。空白期間5年間では、1,440万円。

02

たとえば! 公的年金支給後の、
不足するお金 への備えはできていますか?

家族で旅行にいったり趣味を充実させたりと、ゆとりある老後のためには、どれくらいのお金が必要なのでしょう?ある調査では、平均して月に約36万円必要(※)との結果が。
実収入の平均よりも約10万円も多い額です。現在の家計の状況でカバーできるかどうか、確認する必要がありますね。

老後の収入と支出(月額)/ 夫婦世帯の場合

*出典:公益財団法人生活文化センター/令和元年度「生活保障に関する調査」、および、総務省統計局/令和元年「家計調査」。生活費は、消費支出と非消費支出の合計。

\ 将来の設計について無料で相談! /

ライフプランナーがお話しします

老後のための、
資産運用の実際とは?

ソニー生命の
「変額個人年金保険(無配当)」は、資産運用のニーズにお応えします。

死亡時に備えながら、老後の資金を貯蓄・運用できる保険です。特別勘定の資産の運用実績に応じて、年金額が変動(増減)します。

ここがPOINT

  • 運用対象として8つの特別勘定

  • 積立金を増やしたり減らしたりが自由

  • 年金受取開始年齢の変更可能

  • 年金支払開始日前に死亡されたときは、
    死亡給付金を給付

  • 高度障害状態・身体障害の状態になられたときは、
    以後の保険料のお支払は不要

  • 一括受取も可能

  • 契約者貸付を利用可能

個人年金保険受取のイメージ*月払の場合

運用実績が3.5%を上まわった場合は変動年金額がプラスとなり、3.5%を下まわった場合はマイナスとなります。年金額が上下し、一定ではありません。

運用実績の結果
年金額がプラスになる場合

運用実績の結果
年金額がマイナスになる場合

◎ 被保険者:35歳 ◎ 基本年金額:100万円 
◎ 年金種類:確定年金  ◎ 年金支払期間:10年
◎ 年金支払開始年齢:60歳 
◎ 保険料払込期間:60歳まで 
◎ 個別扱月払保険料:
 男性 / 20,550円・女性 / 20,490円

  • ---

    基本年金額を支払うための責任準備金(予定利率で特別勘定の資産が運用された場合の積立金額)

  • A

    年金支給開始日において、年金支払期間にわたり基本年金額を支払うために必要な金額

  • B

    死亡保証の加算部分(一定の金額)=A×5%

年金額は、運用実績に応じて変動(増減)します。最低保証がないため、年金の合計額、死亡給付金額、解約返戻金額が、払い込まれた保険料の合計金額を下まわる場合があり、損失が生じるおそれがあります。

こんな場合も安心!

世の中にはNISAやiDeCoなど、多くの商品があります。「その中のどれが自分に合っているのか、わからなくて不安……」という方も、ご安心ください。

ソニー生命のライフプランナーが、あなたにあったプランをご提案し、最後まで伴走いたします。

*写真はイメージです。

\ 将来の設計について無料で相談! /

ライフプランナーがお話しします

ご契約例をご紹介します。*月払の場合

特別勘定の資産の運用実績例表(ご契約の場合)

  • ●被保険者:35歳
  • ●基本年金額:100万円
  • ●年金種類:確定年金
  • ●年金支払期間:10年
  • ●年金支払開始年齢:60歳
  • ●保険料払込期間:60歳まで
  • ●個別扱月払保険料:
     男性/20,550円・女性/20,490円

*年金額とは、基本年金額と変動年金額を合計した金額です。

例示の運用実績
(-3.5%、0%、3.5%、7.0%)について

●例示の運用実績は、特別勘定にかかるもので、保険料全体に対するものではありません。
●例示の運用実績は、〝運用関係費用および保険関係費用を控除後〟の数値を表示しています。
● -3.5%、7.0%は、下限または上限を示すものではありません。例示の運用実績を下まわる、もしくは上まわる場合もあります。
●例示の解約返戻金額は、解約控除費用控除後の金額です。

ご契約例をもとに、
払込保険料と
受取年金額を試算してみましょう!

*「特別勘案の資産の運用実績例表」から払込期間に払い込んだ保険料、支払期間に支払われた年金額を抜き出して検証。

もちろん 一例ですが!
3.5%で運用できたら?

  • ●被保険者:35歳
  • ●基本年金額:100万円
  • ●年金種類:確定年金
  • ●年金支払期間:10年
  • ●年金支払開始年齢:60歳
  • ●保険料払込期間:60歳まで
  • ●個別扱月払保険料:
     男性/20,550円・女性/20,490円

男性の場合

払い込む保険料は616万5,000円、
受け取る年金額合計は
1,000万円です!

*上記の表は、例示の運用実績がそのまま推移したと仮定して計算したもので、確定数値ではありません。実際には、年金額などは運用実績に応じて変動(増減)します。運用実績が3.5%を下回った場合は、マイナスになります。

年金額は、運用実績に応じて変動(増減)します。最低保証がないため、年金の合計額、死亡給付金額、解約返戻金額が、払い込まれた保険料の合計金額を下まわる場合があり、損失が生じるおそれがあります。

私たちに、お任せください。

お客さまによって、運用のスタイルは様々。
「将来、こんな夢がある」、「どんな受取方がよいのか」、「どのくらいの保険料が妥当なのか」など、お客さまのご要望をライフプランナーが伺いし、それに合ったご契約例を提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

*写真はイメージです。

\ 将来の設計について無料で相談! /

ライフプランナーがお話しします

ソニー生命の
「変額個人年金保険(無配当)」の
特徴

\ 将来の設計について無料で相談! /

ライフプランナーがお話しします

お客さまの声

\ 将来の設計について無料で相談! /

ライフプランナーがお話しします

データで見るソニー生命保険

無料相談の流れ

直接お会いしてのご相談、オンラインでのご相談、どちらかをお選びいただけます。

\ 将来の設計について無料で相談! /

ライフプランナーがお話しします

Q&A

\ 将来の設計について無料で相談! /

ライフプランナーがお話しします