ナビゲーションをスキップする

個人年金保険とは?公的年金との違いと確定・有期・終身それぞれを解説

個人年金保険とは?公的年金との違いと確定・有期・終身それぞれを解説

「人生100年時代」という言葉にもあるとおり、日本人は以前と比べてとても長生きになりました。長生きをすると老後の生活資金が不足すると思っている方も多いのではないでしょうか。
老後の生活資金の有効な準備手段の一つが「個人年金保険」です。ここでは「個人年金保険のメリット・デメリット」や「個人年金保険の種類と選び方」について解説いたします。

個人年金保険とは?

個人年金保険は、生命保険会社が販売している保険商品です。老後の生活資金など将来に必要になるお金を計画的に準備できます。
長期間運用することで、 貯蓄効果が期待できますし、払い込んだ保険料は個人年金保険料控除の対象となり税金の還付を受けることも可能です。

公的年金との違いは? 

公的年金とは国民年金と厚生年金のことを言います。国民年金については日本国内在住の20歳以上60歳未満のすべての人が加入を義務付けられています。厚生年金は会社に勤めている方や公務員の方が加入するものです。職業などに応じて、第1号被保険者・第2号被保険者・第3号被保険者という区分があります。

【年金制度の体系】

年金制度の体系
画像引用元:厚生労働省「日本の公的年金は「2階建て」 | いっしょに検証! 公的年金」

公的年金と個人年金保険の主な違いは下記の3点です。

  • 個人年金保険の加入は義務付けられておらず、金額も好きな金額で始められる
  • 個人年金保険は、途中で保険料の払込ができなくなった場合、保険料の減額や途中解約ができる
  • 個人年金保険は、途中で解約した場合でも、それまでに払い込んだ保険料の一部が戻ってくる

公的年金で不足する部分をカバーするために加入するのが個人年金保険です。

個人年金保険の分類  

個人年金保険は、年金受取可能期間・運用方法・保険料払込通貨・保険料払込期間によって分類されます。それぞれの特徴について解説します。

確定・有期・終身 

確定年金とは決められた一定期間年金を受け取ることができるものです。受取期間中に被保険者が亡くなられた場合でも、残りの額を受取人が一括して受け取ることができます。
有期年金も確定年金と同様、決められた一定期間年金を受け取ることが可能です。ただ、年金受取期間中に被保険者が亡くなられた場合、受取人は残りの額を受け取ることはできません。その分確定年金よりも保険料は安くなっています。
終身年金は、一生涯年金を受け取ることができます。被保険者が亡くなった場合、受取人が年金を引き継いで受け取ることはできません。「保障期間付終身年金」であれば、保障期間内に亡くなられた場合、受取人は保障期間の残りの額を受け取ることができます。一生涯受け取ることができるので、保険料は一番高くなることが多いです。

定額・変額 

定額年金保険は、契約時に将来の受取金額があらかじめ決まっています。将来いくら受け取れるかが契約のときにわかるので、将来の計画が立てやすいのが特徴です。
変額年金保険は、保険料の一部 を株や債券などで運用するため、契約時には将来の受取金額が決まっていません。運用実績により受取金額が増える可能性があるのが特徴です。
※運用実績によっては減少する可能性もあります。

円建・外貨建 

円建年金保険とは、保険料の払込や年金、解約金等の受取りが全て日本円のものです。為替の変動の影響は受けません。
外貨建年金保険は、保険料の払込や年金、解約金等の受取の全てもしくは一部が外貨で行われます。為替が円高になった場合、年金額や解約金額等が払込保険料の合計金額を下回るおそれはありますが、円の価値が下落した場合のリスク分散が可能です。 
円建年金保険・外貨建年金保険ともに金融機関によって各種手数料が必要となる場合があります。
ただし、外貨建年金は、お受け取りになる保険金額や解約返戻金額が、為替レートの変動により、ご契約時よりも下回ることや、円で払い込みいただいた保険料の合計額を下回ることがあり、損失が生ずる可能性があるので注意が必要です。

平準払・一時払 

平準払とは、毎月もしくは毎年一定金額の保険料を払い込み続けるタイプで、少額の保険料負担でも始められるケースが多いです。
一時払とは、まとまった金額を一括で払い込んで運用するタイプで、大きな金額が必要になりますが、平準払と比べて総払込保険料を抑えることができます。

個人年金保険のメリット

このように、個人年金保険には多くの種類があります。ここからは個人年金保険のメリットについて解説します。大きく分けて2つのメリットがあります。

個人年金保険料控除が使える 

一定の条件を満たす個人年金保険に加入すると、保険料は個人年金保険料控除という所得控除の対象となるので、所得税と住民税の還付を受けることができます。

計画的に将来の準備が可能

個人年金保険の保険料は、平準払の場合、毎月一定の金額が口座より自動的に引き落とされます。 計画的に将来のお金を準備することができます。

個人年金保険のデメリット

一方で、個人年金保険にはデメリットと言われるものも2つあります。続いては2つのデメリットについても解説します。

契約当初は元本割れが発生する可能性が高い 

個人年金保険は長期の貯蓄を目的とした商品なので、短期間で解約した場合は多くの商品で元本割れが発生する可能性が高いです。特に平準払の個人年金保険は、短期間でお金をふやすことには向いていませんのでご注意ください。

定額の場合、インフレに負けてしまう可能性がある 

インフレとは「私たちが普段買っている日用品やサービスの値段(物価)が上がること」をいいます。仮に2%の物価上昇が続くと、36年後にはお金の価値は今の半分になってしまいます。
年金額 が固定されてしまう定額年金の場合、年金受取額が実質的に目減りしてしまう可能性があります。この場合、保険料の一部を株や債券で運用する変額個人年金を活用する方法があります。

自分にあったタイプの個人年金に加入しよう

個人年金保険のメリットやデメリットについて解説しました。
個人年金保険は、年金の受け取り方法・保険料払込方法・運用方法でいくつかの種類があり、自分にはどの商品が向いているのかは現状やライフプランによって全く異なります。
まずはライフプランニングを行い、自分にとっての課題をはっきりさせた上で商品を選ぶのをおすすめします。

個人年金の相談はソニー生命のライフプランナーに

ソニー生命では、資産の運用実績に応じて年金額・解約返戻金額が変動(増減)する変額個人年金保険をご用意しております。運用方針の異なる8つの特別勘定から、自分にあった運用対象を選ぶことができます。自分で選ぶことはもちろん、金融全般に豊富な知識を持つライフプランナーが担当となってフォローしますので、リスクを取るのが怖い方でも安心して始めることができます。
ソニー生命の変額個人年金保険は、株式や債券で運用するタイプの年金なので、変動 リスクはありますが、運用実績次第では大きなリターンも期待できます。

個人年金保険や老後資金、家計・保険について少しでも悩みがある方は、まずは無料相談をお申し込みください。
オンライン・直接対面どちらでもご相談を承っております。

ソニー生命の個人年金保険の相談はこちら

無料で保険・ライフプランニングを相談する


外貨建年金保険のリスクと諸費用について

  • 外貨建年金保険は生命保険です。預金とは異なり、元本割れすることがあります。外貨建年金保険は生命保険です。預金とは異なり、元本割れすることがあります。
  • 為替レートの変動により、お受け取りになる円換算後の保険金額や解約返戻金額 が、ご契約時における円換算後の保険金額や解約返戻金額を下回ることや、お受け取りにな る円換算後の保険金額や解約返戻金額が、円でお払い込みいただいた保険料の合計額を下回 ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。

一般的に外貨建年金保険のご契約者にご負担いただく諸費用のうち主なものは以下のとおりです。

保険契約関係費 ご契約時の初期費用や、保険期間中、年金受取期間中の費用等、新契約の締結・成立・維持・管理に必要な経費です。
解約控除 契約日から一定期間内の解約の場合に積立金から控除される金額です。
※解約時のみ発生いたします。
外貨の取扱いによる費用
  • 年金や死亡給付金などを外貨で受け取る際に、金融機関によって必要になる手数料です。
    ※手数料額は、金融機関によって異なります。
  • 保険料を円で払い込む際や、年⾦などを円で受取る際に、必要となる為替手数料です。

変額個人年金のリスクと諸費用について

  • 変額個人年金保険は、運用実績に基づいて年金額・解約返戻金が変動(増減)するため、損失が生じるおそれがあります。
  • 変額個人年金保険は、お払い込みいただく保険料のうち、その一部は保険契約の締結・維持・保障・保険料払込免除などに要する費用等に充てられ、それらを除いた金額が特別勘定で運用されます。
    また、ご契約後も定期的に積立金から保険契約の維持・死亡保障などに要する費用や特別勘定の運営に要する費用等が控除されます。
変額個人年金保険をご検討の方へ
  • 上記は、2022年4月現在の当社の取扱に基づき作成しております。
  • 上記は、商品のリスクや諸費用についてを説明しています。詳しくは商品パンフレットをご覧ください。ご契約の際には、「ご契約のしおり・約款」「契約概要」「注意喚起情報」を必ずご覧ください。
  • 重要事項説明書(補足資料)の確認はこちら
    資産運用のご経験が少ない方におかれましては、「資産運用スタートブック」または「変額 虎の巻」をご覧ください。
    資産運用スタートブック
    変額 虎の巻
  • 変額個人年金保険のご検討にあたっては、以下もご参考にご利用ください。
    リスク許容度ナビ
    ┗お客さまの資産運用に対する考え方をお伺いし、リスク許容度をご案内しています。
    ポートフォリオ・シミュレーション
    ┗資産形成のための運用スタンスを自由に調整して、最適なポートフォリオを構築することができます。また、過去や将来のパフォーマンス分析など各種シミュレーションを行えます。
  • ご注意
    ※変額個人年金保険は生命保険です。預金とは異なり、元本割れすることがあります。
    ※変額個人年金保険は、準用する金融商品取引法の対象となる保険商品です。 商品の詳細につきましては商品パンフレット(PDF) をご覧ください。
    ※お申し込みに際しては、事前に交付される「重要事項説明書(注意喚起情報・契約概要)」「ご契約のしおり・約款」「特別勘定のしおり」をご確認ください。
    ※各特別勘定への資産の繰入比率を変更した場合や、積立金を移転した場合、選択された特別勘定の種類によっては運用リスクが変わることがあります。

SL22-7271-0029