ナビゲーションをスキップする

ソニー生命のサステナビリティへの取組

サステナビリティの考え方

ソニー生命は、ソニー創業者の一人、盛田昭夫による「ひとのやらないことに挑戦し、社会に貢献する」という思いをもとに創立し、お客さま一人ひとりにあわせた「合理的な生命保険と質の高いサービスの提供」を通じた「経済的保障と安定」を基本使命に、それを追求し続けてまいりました。

創立時の思いや基本使命にもとづく当社の事業活動は、お客さま、広くは国民生活の安定・向上や経済の発展に深く関連し、持続可能な社会のさらなる発展に貢献するものと考えています。
さらに、金融機関としての高い倫理観と使命感を持ち、多様なステークホルダーや地球環境に与える影響へ十分配慮した行動と信頼関係の構築に努めています。

これらの考えをもとに、長期的な視点で今後もお客さまと社会を支え続ける会社として、事業活動を通じた持続可能な社会の発展に貢献してまいります。

ソニーフィナンシャルグループの
サステナビリティの考え方 新しいタブで開きます

SDGsへの取組について

2015年9月に国連で、「持続可能な開発目標: SDGs(Sustainable Development Goals)」が採択されました。
SDGsは「誰一人取り残さないーNo one will be left behind」を理念とし、持続可能な社会の実現に向けた重要指標として、2030年を期限とする包括的な17の目標と169のターゲットを掲げています。本理念や目標は、当社の基本使命にもとづく取組と重なる部分が多くあると考えており、今後も事業活動を通じたSDGs達成への貢献を目指してまいります。

取組内容

事業を通じた価値創出

私たちはお客さま一人ひとりの安心・安全な未来づくりをサポートすることで、持続可能な社会に貢献します。

お客さまの豊かなライフプラン・
経営者のビジョンの実現

コーポレートガバナンス

リスク管理・コンプライアンス等の体制や取組、方針をご紹介します。

コーポレートガバナンス 新しいタブで開きます

取組内容についてはニュースリリース 新しいタブで開きますでも発信しております

ページトップへ