ナビゲーションをスキップする

環境保護への取組

ソニー生命が取り組む環境保全活動

当社は、地球環境問題を企業として取り組まなければならない重要課題のひとつとしてとらえています。
生命保険会社としての社会的使命を全うし、持続可能な社会の実現を目指していくために環境方針を定め、環境負荷低減に向けた活動を推進しています。

環境方針

理念

当社は、持続可能な社会の実現に向けた「ソニーグループ環境ビジョン新しいタブで開きます」を踏まえ、ソニーグループの一員として企業活動のあらゆる面で地球環境の保全に配慮して行動します。
また、長期的に安心を提供して行くという生命保険会社の役割に照らし、経済的保障の提供のみならず、豊かで安定した生活環境の継続に寄与するために、日常的かつ継続的に環境保全に取り組みます。

方針

  1. 当社は、事業活動を行うために必要な資源・エネルギーについて、資源リサイクルや省エネルギーを推進し、全就業者が高い意識をもって環境負荷の低減に努めます。
  2. 当社は、事業活動を行う上で適用を受ける環境保全に関する関連法規、およびその他の要求事項を順守します。
  3. 当社は、事業活動、並びに当社が提供する保険商品およびサービスが環境に与える影響を評価し、環境目的・目標およびその実施のプログラムを定めることにより、環境保全活動の継続的な改善および汚染の予防を図ります。
  4. 当社は、全就業者に対し、環境方針および当社が取り組む環境保全活動を周知することにより、業務と生活のさまざまな側面における社員の環境に対する意識向上を図ります。

ソニー生命の取り組み

ISO14001の認証を取得しています

ビューローベリタス認証

2001年3月に、本社を対象に環境マネジメントシステム の国際規格であるISO14001の認証を取得しました。現在は、ソニーグループ全体でグローバルに統一された共通の環境マネジメントシステム(Global Environmental Management System)の下で環境活動を行い、ソニーグ ループの一員としてISO14001の統合認証を継続して取得しています。PDCAサイクルを基礎としたISO14001の規格に基づき、環境パフォーマンスの継続的な改善を図っています。

オフィスでの省エネ・省資源への取組

本社を対象に、電力使用量や紙使用量の削減目標を定めた省エネ・省資源活動を行っています。電子ワークフローソフトの採用により、社内申請業務を中心としたペーパーレス化を推進し、紙使用量の削減を実現しました。そのほかにも、分別廃棄の徹底や事務用品におけるエコ消費比率を高めるグリーン購入の推進、印刷物への環境配慮型素材(用紙・インク等)の使用、定期的に環境教育を行うなど、社員一人ひとりが主体的に行動し環境に配慮した取組を行っています。

CO2排出削減への取組 (グリーン電力証書システムの導入)

地球温暖化防止に向けたCO2排出削減策の一環として、2005年度からグリーン電力 証書システムを導入しています。これは、風力や太陽光・木質バイオマスなどの再生可能 エネルギーにより発電された電気(グリーン電力)の環境価値を証書化して取引するも ので、間接的にグリーン電力を使用したとみなす仕組みです。2019年度はバイオマス 発電による30万kWhの電力証書を購入しました。これにより、年間約137トン※のCO2排出削減に寄与したことになります。

※東京電力エナジーパートナー(株)の2018年年度実績出係数(0.000455t-CO2/kWh)を使用

海洋プラスチック汚染問題への取組

海洋プラスチック汚染対策として、2019年度よりソニーグループの全事業所で展開している「One Blue Ocean Project」に取り組んでいます。

各種手続きのペーパーレス化

お客さまの利便性の向上ならびに省資源を目的に、保険契約の各種手続きのペーパーレス化を推進しています。2012年には署名の電子サイン化によりPC端末上での契約申込手続きを実現しました。2016年には契約後の変更手続(保全手続)、2021年からは保険金・給付金の請求手続のペーパーレス化を開始しました。これにより手続完了までの時間短縮とともに紙使用量の大幅な削減に貢献しています。

ページトップへ