ナビゲーションをスキップする

ライフプランニング 人生の必要資金 LIFEPLANNING

これから必要になるであろう、さまざまなお金。漠然と不安を感じるものの、実態がよくわからないという方も多いのではないでしょうか?
そこで、まずは全体像を把握しましょう。人生の必要資金にはどんなものがあるのか、ご紹介します。

通常の生活で必要な資金

子供の教育資金

幼稚園~大学(文系)まで

全て公立(大学のみ国立)
平均:1,072.6万円/人

全て私立
平均:2,544.7万円/人

※すべて自宅から通学した場合

子供の結婚資金

両新郎新婦の親・親族からの援助総額

平均:195.1万円

※新郎新婦両家からの援助総額

住宅資金

平均住宅購入費用(フラット35利用者)

平均:3,442.1万円

生活資金

万一の遺族の生活費

現在の生活の約7割

老後の生活資金

老後最低限必要だと思われる日常生活費

平均:22.0万円/夫婦2人

ゆとりある老後のために必要と思われる日常生活費

平均:34.9万円/夫婦2人

その他の資金
(夢プラン等)

車の購入や家族旅行、
趣味にかかる費用や緊急予備費用

特定状態(就労不能や介護など)のときに必要な資金

医療関連資金

傷病手当金は支給開始から
1年6ヶ月で終了

※国民健康保険には原則傷病手当金の支給なし

就労不能時の必要資金

就労制限による収入減少の補てん費用、治療やリハビリ関連費用

新規に身体障害者手帳(1~6級)の交付を受ける人
毎日約800

介護資金

介護サービス利用費用、介護に伴う収入減少の補てん費用

要介護と認定される人
65歳以上の約5.4人に1
75歳以上の約3.1人に1

万一時に必要な資金

死後の整理資金

お墓購入費用

全国平均162.7万円

葬儀費用

全国平均195.7万円

※墓地取得費用が含まれる地域もあります。

相続対策資金

円滑な遺産分割のための費用や、相続税納税費用

遺産にかかる基礎控除額
3,000万円+600万円×法定相続人の数

※令和元年9月現在の税制に基づき作成。詳しくは税理士または所轄の税務署にご確認ください。

「どの資金が」、「いつ」、「いくら」必要なのかは人それぞれです。家族構成、これから見込める収入、生活スタイルなどで異なります。
まったく対処できていない項目があったとしても、慌てないでください。無理なペースで貯金をしたり、過剰な内容の保険に加入するのではなく、今後の収支を冷静に見極め、無理のない備えをすることが大切です。

では、どうすれば見極められるのでしょうか?それを効率的に整理し、見える化できる方法が「ライフプランニング」です。

ライフプランニングの流れを見る

出典一覧

教育資金:文部科学省「平成28年度 子供の学習費調査」「平成30年度 私立高等学校等の初年度生徒等納付金平均額」「平成29年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額」「文部科学省令(国立大学等の授業料その他の費用に関する省令)」、独立行政法人日本学生支援機構「平成28年度 学生生活調査」、日本政策金融公庫(国民生活事業)「平成30年度 教育費負担の実態調査結果」をもとにエフピー教育出版試算 子供の結婚資金:リクルートマーケティングパートナーズ「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」 住宅購入資金:住宅金融支援機構「フラット35利用者調査報告/2018年度」 老後の生活資金:(公財)生命保険文化センター「平成28年度 生活保障に関する調査」  就労不能時の必要資金:厚生労働省「平成29年 福祉行政報告例」 介護資金:厚生労働省「介護保険事業状況報告(暫定)2019年4月」をもとにソニー生命が試算 死後の整理資金:(一社) 全国優良石材店の会「2018年お墓購入者アンケート調査」、(一財)日本消費者協会「第11回 葬儀についてのアンケート調査」(2017年)

ページトップへ