「一緒に働きたい。」 そう思える仲間とともに、 より多くのお客さまを お守りし続けたい。

寺川 知

支社長

  • 新宿ライフプランナーセンター中央第4支社
  • 2012年4月入社、
    前職:インターネット広告 営業職
  • 2014年10月より営業所長へ転身

前職:インターネット広告

営業所長の仕事内容について教えてください。

営業所長の主な仕事は、「ライフプランナーの採用」と「入社後のライフプランナーの育成」です。一緒に働きたいと思う優秀な人材と出会い、当社のミッションやライフプランナーの役割について十分にご理解いただいた上で採用します。そしてお客さまに寄り添い、様々な問題を解決するライフプランナーとして活躍できるよう、生命保険・金融のプロフェッショナルに育成する。そして自分の能力を最大限に発揮し、お客さまに全力で貢献できるよう支援する。これが営業所長の主な仕事です。自分一人でお守りできるお客さまの数には限界がありますが、営業所長としてメンバーを増やしてくことで、一人では対応することができない規模のお客さまをお守りすることができる。これは会社から営業所長に与えられた特権だと思います。

マネージャー(営業所長)になったきっかけを教えてください。

インターネット広告関連企業の営業からライフプランナーに転職し、支社長や営業所長、先輩ライフプランナーに支えられて、多くのお客さまに貢献するためにひたむきに仕事をしていました。そうして2年が経過した頃、社内の会議で「ライフプランナーも年齢を重ねればいつかはリタイアをすることになる。ソニー生命としてお客さまからお預かりしたご契約をお守りしていくためにも、後任となる新たなライフプランナーを採用し続けなければならない。」という話を聞きました。万が一の際に備えた保障は、ご加入後すぐに保険金をお支払いすることは少なく、お客さまとは数十年のお付き合いになることが一般的です。つまりご加入時とお支払時には、多くのケースで担当のライフプランナーが変わることになるわけです。ライフプランナーの仕事には大きなやりがいを感じていましたが、お客さまへの責任を果たしていくために新たなライフプランナーを採用・育成する、営業所長という仕事の重要性に気づきました。支社長から「マネージャーにチャレンジすることで成長の幅が広がる」との後押しもあって営業所長になることを決断しました。

ライフプランナーの採用や育成におけるこだわりを教えてください。

ライフプランナーの採用においては、自分よりも優秀と思える方にお声がけして採用することを心がけています。特に意識しているのは、あえて自分とは異なる強みやスキルを持っている方にお声がけすること。自分と同じような強みやスキルを有した方を採用した方がマネジメントは楽かもしれませんが、知識やスキルに偏りができてしまうと思います。
お客さまの置かれている状況やライフプランに対する考え方は多様です。様々な知識や経験を持つライフプランナーが揃うことで、どのようなお客さまにも貢献ができる営業所になり、チームのパフォーマンスが最大化できると考えています。
そして育成面では、営業所長として一人ひとりのライフプランナーと徹底的に関わることを意識しています。ビジネスマンとしての基礎的な能力が高く、異業種で活躍している人を採用していますが、ライフプランナーとして活躍するためには、生命保険・金融のプロフェッショナルとしての知識やスキルを身につける必要があるため、一人前になるまでには様々なサポートが必要になります。金融や税務などの知識については、まず座学で学ぶことになりますが、お客さまにご理解いただくためには伝える技術も必要です。入社してからも日々のロールプレイだけでなく、営業活動への同行や同行後の振り返り(プロセスミーティング)を繰り返し実施して、実践的なスキルを磨いていきます。

営業所長職のやりがいを教えてください。

なんと言っても、自分の理想のチームを自分の力で作り上げることですね。人事異動やジョブローテーションで会社から与えられたメンバーと仕事をするのではなく、「この人と一緒に働きたい」と強く思える方を自ら探し出し、支社長と協力しながら直接その方を採用できること。そうしてメンバーになったライフプランナーが、お客さまから感謝の声をいただいたり、目標を達成して社内で表彰を受けたときは本当に嬉しく、自分がライフプランナーの仕事をしていたとき以上に達成感を感じます。

チームの新しいメンバーとして自分が採用したいと思える方から「寺川と一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるようになることも大切だと思っています。営業所長としてはもちろん、一人の人間として相手を惹きつける魅力を身につけられるよう、これからも日々自己成長を図っていきます。

インタビュートップへ戻る

こちらのページをご覧になっている方は、
こちらもよくご覧になっています。

詳しい話を聞く